Dolby

必ず聴いたことがあるドルビーシステム

ドルビーノイズリダクション、ドルビーステレオ、ドルビーサラウンド、ドルビーデジタル。
音楽や映画が好きな方ならどこかで聴いたことがあるドルビー / DOLBY。
これらはドルビー・ラボラトリーズという企業の技術です。

そしてそのドルビー・ラボラトリーズの創業者レイ・ドルビー / Ray Dolby氏が2013年9月12日、サンフランシスコの自宅で亡くなられました。
享年80歳。

数々の音響のに関するシステムを開発し、素晴らしい音楽を私たちの耳に届けてくれたドルビーのシステム。
生みの親レイ・ドルビー氏の事は、正直全く知りませんでした。続きを読む

JCM900
JCM900 Photo by tshk!

手強いアンプ

MarshallのJCM900が手強い。
手強いと言うか負ける。勝てる気がしない。
何をどうやっても(自分が思う)良い音が作れない、出せない。
スタジオに入ってJCM900が置いてあると絶望する。

先人達のセッティングを調べる

もちろん使いこなしている方もたくさんいるので、Googleで調べると色々なセッティング例が見られる。
良いなと思ったのが、祐次さんのブログの記事。

JCM900のセッティング!! : ギター馬鹿からギターを取ったらただの馬鹿
ギタリスト祐次さんのブログ

※2013.5.21追記 ブログを変更されたようで、新しいブログに移動していました。
http://ameblo.jp/knives-yuzi/entry-11484221167.html


記事から引用させていただきます。続きを読む

ちょっと前に話題になった高精度チューナー

発売時に精度の高さと反応速度の半端ない速さで話題になったチューナー、Sonic Research ST-200。
chuya-onlineさんですっげー安く売られています。

 

楽天のchyuya-onlineショップで12,250円。※2013年4月14日現在 13,800円です。
安っ!

並行輸入品なので国内での保証や日本語マニュアルが無いなどの難点もありますが、正規輸入品が大体24,800円とチューナーとしてはかなり高値なので、この安さは前述の難点をカバーしてありあまるでしょう。

ストロボチューナーで有名なピーターソンと比べっこ

Sonic Research ST-200はこのムービーで話題になりました。続きを読む

多機能ゆえに悩んでしまう

先日レビューを書いたWampler Pedals Pinnacle。
セッティングをスタジオでしてきました。

Wampler Pedals Pinnacle イメージ
Wampler Pedals Pinnacle イメージ Photo by Mekkjp

アンプはスタジオに置いてあるRoland JC-120。
ギターはIbanez JEM7Vです。
今回作ってきたのは自分の好みで、深めの歪みの2種類です。続きを読む

音の比較の時には気をつけて

ペダル(エフェクター)の繋ぎ順で音が変わるのは当たり前の話しですが、ここでいう繋ぎ順はテストや試奏等、音の比較の時の繋ぎ方の話しです。

Woody and Dutch on the slow train to Peking
Woody and Dutch on the slow train to Peking Photo by George Goodnight

きっかけはフリーザトーンの林さんのつぶやき。

そうなんですよね。
判っちゃいるけど、つい面倒で直列に繋いで試奏してしまう。
そこまで変わらないだろ…という油断。

それが大間違いでした。続きを読む