どうにも収まらなかったハウリング

Seymour Duncan Vintage, Rhythm  STR-1
Seymour Duncan Vintage, Rhythm STR-1 Photo by Mekkjp

テレキャスターのフロントPUのハウリングに悩まされていました。
軽めに歪ませる分には問題ないのですが、Lovepedal COT50にブースターとしてMaxon SD9をかませるとハウリングが発生。どうにも抑えられなくなってしまうんです。
それほど激しく歪ませている訳じゃないでんすが、大きな音ではピーっと鳴りっぱなし。

そこでSeymour Duncan STR-1に載せ換えました。

サウンドハウスの広告
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / STR-1 [直輸入品]

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / STR-1 [直輸入品]

ソロパートを弾く時なんて、ブーストさせてフロントPUで弾くのは常套手段じゃないですか。
それができないなんて由々しき事態。ギターとしてどうなの!?というレベルの大問題。
そもそもテレキャスターがそんなに歪ませて使うギターじゃないのはわかりますが、前述の通りさほど歪ませているわけじゃないので、この程度でハウリングが発生するようじゃ使い難くてしょうがない。続きを読む

実はこんなのも持っていた。

UV777P
Ibanez UV777P Steve Vai 7弦

久しぶりすぎて、うちの妻は見たことがない。
見た瞬間に、またギターを買ったと思ったらしく。「なにそれ?いくらしたの?」と疑惑の目を向けられた(笑)
結婚する前に買って、放置しておいたんですってば(汗)

このギター、オークションでボディやパーツを買い集めて自分で組み立てたから、若干オリジナルとはパーツが異なる。

続きを読む

Steampunk Guitar
Steampunk Guitar Photo by Rob Lee

ギターの調節には色々な方法や考え方があって、それこそビルダーやリペアマンが10人いたら10種類のやり方があると思う。

最近思うのは、そんな調節方法にどれが正解って無いんだな…ということ。
ある人が良いという方法が、別の人だとNGだったり。
工学的にうんぬんと理屈で攻める人もいれば、長年の経験と勘で行く人もいる。
それじゃあってんで、科学の力で音質や音響効果、ギターの材質とかを測定して数値化、それを元に考える人もいる。

続きを読む

先日からノイズが気になっていたTRIAXISを楽器店に入院させた。

mixiのTRIAXISのコミュでノイズ対策を質問。そこでアース不良とか真空管のヘタリだとか色々原因を教えてもらった。
後は電源周りとか、パワーアンプのノイズを拾っているとかも考え、修理に出す前に接続を変えたり置く場所を変えたりしてみたけど、改善されず。
もともとノイズが多いのはわかっているのだけど、LD2だけブーンとか言い出したので、いよいよダメかと楽器屋に持って行った。

続きを読む

レコーディング前にTRIAXISをリペアに出さなくてはいけない。
mode2だけブーンとノイズが乗る。

mixiのコミュで相談したら、メーカーにメンテに出した方が良いとアドレスをもらった。
真空管の交換程度だったら良いんだけど…。
中の回路周りの修理とか言われたら嫌だな。
そうなったら修理費だけでン万円はかかるはず。

ボーナスも出ないし。
困ったなぁ(涙)

ペトルーシモデルのボリュームにガリが出ていた。
接点復活剤を中に吹いてクルクル回してみたがガリが取れない。
うーん、
こりゃポットがNGな感じ。

MUSICMANの純正ボリュームポットを取り寄せてもいいんだけど、噂だと時間が相当かかるらしい。
純正っていっても、どこか他のメーカー製だろ?
ということで、ボリュームポットを買ってきて自身で交換することに。

アメリカ生まれのギターだからCTSが良いかな、と分かるような分からないような理屈でCTSのポットにすることにした。

続きを読む

[ギター] ブログ村キーワード

Dream Theaterのコピーばかりじゃ飽きるから、今朝は久しぶりにタイラー(ブログのタイトルに載ってる赤いギター)をアンプに繋いでバンドの曲を練習。

えっ?
バンドの曲こそもっとやれって?
まあ、それはそれ(爆)

そうしたら、ビックリ。
ノイズが多い…(汗)
タイラーの調子が悪いんじゃなくて、元々からそんなもんだったんでしょう。
JP6(MUSICMAN)だってノイズは出るけど、明らかにタイラーの方が多い…(汗)

続きを読む

[ギター] ブログ村キーワード
帰ってきてからアレコレとやっていたら、あっという間に夜中の12時。
あ~。もうこんな時間か。

ギター弾く時間は無いけど、一日で仕事と食事以外に何もしないのは嫌なので(笑)John Petrucci 6の弦だけ交換した。

ちゃっちゃと変えれば直ぐできるだろう…なんて思ったのが甘く、気が付けば1時間(汗)

続きを読む