AlterEgo

ProGuitarShopモデル

t.c.electronicのtone printシリーズからPro Guitar Shopとのコラボモデルが限定発売されます。
ディレイのt.c.electronic Alter Egoとリバーブのt.c.electronic TRINITY。
今回はディレイのt.c.electronic Alter Egoを紹介しようと思います。

tone printのディレイで人気モデル“Flashback Delay”のPro Guitar Shopヴァージョン。
通常のFlashback Delayで使えるディレイモデルに加え、Pro Guitar Shopのカスタムチューニングモデル(ディレイ)が2パターン増えています。続きを読む

マニュアルと睨めっこ

久しぶりにボードに戻したTIMELINE。
前回もそうだったけれど、今回もマニュアルと睨めっこ。

TIMELINEのセッティング中
TIMELINEのセッティング中 Photo by Mekkjp

基本操作はたいして難しくはなく、他社のマルチエフェクターの操作性とさして変わらない。つまみ類が多いので直感的に弄りやすい方だと思う。
難しいのはパラメーターの多さ。
各ディレイ毎に独自の設定があって、それぞれが特徴的。
LED表示に出てくる文字だけではどういう内容の設定がわからないことが殆ど。続きを読む

百聞は一見に如かず

strymon TIMELINEは多機能なので、紹介する動画のどれもが余計な解説ばかりで見る気を失わせてくれる。
百聞は一見に如かずという諺の通り。
ゴチャゴチャ話されてもどんな音かなんてわからない。しかも英語が大半だから余計にわからない。

余計な物は一切無し

そんな動画ばかりの中、この動画はstrymon TIMELINEを知るのに一番良いと思う動画を見つけた。続きを読む

飽きてしまった

アナログディレイが使いたくなって入れたMXRのCarbon Copy。なかなか良いのだけど、如何せん1パターンの音しか出せないのに不便を感じてきたのでTIMELINEに戻そうかと思う。
Carbon Copyを1パターンに感じる理由は2つ。

Strymon TimeLine
Strymon TimeLine Photo by AshV

1つは音色の個性。
Carbon Copyのディレイ音は好きな音色なんだけど、その個性が濃い味に感じているのかもしれない。その濃い味が同じ調子で続いてしまい飽きてしまった。

プリセット機能が欲しい

もう1つはプリセットが出来ないこと。
Carbon Copyはオンとオフしかできない。当たり前なんだけど、これが意外と困る。
歪みペダルならボリュームや弾き方を変えると音が変わりバリエーションを楽しめる。

続きを読む

アナログブーム到来

自分の中でだけの話だけど、アナログペダルの音が気に入っている。

Maxon PAC9
Maxon PAC9 Photo by Mekkjp

手持ちでデジタルのペダルというとコーラスとディレイの空間系。これらはペダルの中でも最後段に位置するペダルなので、音の最後の味付け役として影響は小さくないと思っている。
デジタルディレイのクリーンさ、デジタルコーラスのノイズレスな揺らぎは素敵なんだけど、そのクリーンさ故か時折こうやってローファイなアナログの音に戻したくなる衝動に駆られる。
続きを読む