Dance (RED) Save Lives, Vol.2

世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に寄付

AppleのiTunesStoreでチャリティーアルバムの“Dance (RED) Save Lives, Vol.2”が2013年11月25日に発売されます。

Appleは以前から“(PRODUCT) RED”というチャリティ活動を行っています。
これは収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に寄付するという行いで、この“Dance (RED) Save Lives, Vol.2”も(PRODUCT) REDの活動の一環として発売されます。続きを読む

U2

5年振りのニューアルバム

U2のニューアルバムが2014年にリリースされそうです。
“U2 – Wikipedia”

メンバーはレコーディングを進めている模様。
もし2014年にリリースが実現したら前作“ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン / No Line on the Horizon”以来、5年振りの新作になります。

毎回斬新がギターサウンドを聞かせてくれるエッジがこんなコメント。続きを読む

Linkin Park - Hovefestivalen 2011
Linkin Park – Hovefestivalen 2011 Photo by NRK P3

チェスターがものすごい曲を書きあげた

リンキン・パーク / Linkin Parkのジョー・ハーン(DJ)がニューアルバムについてRollingStone.comのインタビューにコメントしたそうです。

「特に最近になってチェスターの作曲はものすごくなっているよ。俺たちが「どうやったんだ?」って思うようなアイデアを持ってスタジオにやってくるんだ。アイツがたくさんのことを内に秘めている人間だってことは間違いないし、アイツがパフォーマンスする姿を見ていればそれが手にとってわかるし、それを吐き出さなきゃいけないってことも分かるもんさ」via: Linkin Park : リンキン・パーク、ニューアルバムは「ものすごい」曲 / BARKSニュース

作曲がものすごくなっているって、一体どうなっているでしょう。続きを読む

CARCASS名物!?

イギリス、リバプールのカーカス / CARCASSというバンドがあります。
“リバプールの残虐王”なんて異名をもつバンドで、最近17年ぶりのアルバムをリリースして話題にもなりました。

GEKITE2さんでもレビューで絶賛しています。

CARCASSニューアルバム Surgical Steelレビュー。 | Gekite2
ニューアルバム Surgical Steelのレビュー

そのCARCASSの曲名がとても個性的…いや、正直に…かなり酷いので紹介します。
※お食事中の方は読んではいけません続きを読む

Assimilate Regenerate

テクニカルなだけじゃない

Paul Wardinghamのアルバム“Assimilate Regenerate”を聞きました。
ずばりカッコイイですね。
HM系ギターのインストです。

ハードなリフにメロディアスなメロディ。
ギターキッズが喜びそうなテクニカルフレーズも満載。
テクニカルでありながらも、聞かせるフレーズもしっかりあって緩急がしっかり効いています。

若干、似た曲調の曲もあるのですが、それはPaul Wardingham節と思った方がいいのかもしれません。続きを読む

逮捕者が出たの!?

ピンクフロイドのアルバム、アニマルズ / Animals。
ジャケットは工場の上に豚が飛んでいるジュールなデザインなんですが、このジャケットを作る時に苦労した話を、デザインを担当したデザイン・グループ、Hipgnosisのオーブリー・パウエル氏が話されたそうです。
その話が面白かったので、紹介します。

なんとパウエル氏、ジャケット用の写真を撮影する時に逮捕されたそうです。

記事はこちらになります。
続きを読む

Linkin Parkのニューアルバム LIVING THINGS

Linkin Parkのニューアルバム「LIVING THINGS」。
今のお気に入りで、ヘビーローテーション中です。

Linkin Park
Linkin Park Photo by Metalitalia.com

彼等の曲ってハードロック、ポップ、ラップの要素が色々入っていて面白いよね。
なんか売れそうな所を狙っているようなビジネス的な上手さを感じるけど、結果的に曲がカッコイイから気にせず聞いていますw

YouTubeのオフィシャルchで好きな曲“BURN IT DOWN”のPVがアップされていたので、こちらで紹介。続きを読む

Steve Vai – “Gravity Storm” Preview from his upcoming solo album “The Story of Light”


待ちに待ったスティーブ・ヴァイの新譜が遂に出ます。
8月14日にリリース予定。

上のムービーはヴァイのオフィシャルチャンネルからリリースされたもので、ニューアルバムからの新曲”Gravity Storm”。

ムービーと言っても、画像の方は恐らくニューアルバムのスペシャル版に付いてくるブックレットの内容と思われる写真がスライドショーで流れるだけでヴァイの演奏シーンは見られません。
しかし、かなりこの新曲はなかなか熱い!

ここ最近、Vai Tunesで摩訶不思議な曲ばかり聴いていたから、久しぶりに彼のロック色の強いインストを聞けました。
この曲だけでも気分は盛り上がりますw

オフィシャルサイトでプレオーダー受付中

スティーブ・ヴァイのオフィシャルサイトvai.comには、急ごしらえっぽい告知がアップされています。

Steve Vai | The Story of Light
Steve Vaiオフィシャルサイト

続きを読む

SUMMER SONIC 2010で来日したCoheed and Cambriaというバンド。
聞いた事がなかったのですが、SUMMER SONICのWebサイトにあるCoheed and Cambriaのバンド紹介が気になったのでiTunesでチェック。なかなか良さそうなのでアルバムを買ってみました。

しかしまあ…なんですかね。この面構えwCoheed And Cambria
この真ん中に鎮座する逆さにしても顔に見えそうな髭ぼーぼーの人。これがVo & Gt でバンドの中心的存在のクラウディオ・サンチェスだそうです。
バンドに容姿は関係ないと言いたいのですが、間違ってもカッコイイというカテゴリーじゃないな。個性派と言っておこう。

その他のメンバーは全く判りませんw
オフィシャルサイトを見ても、メンバーのプロフィールなんてどこにも見当たらないんだもの。
かろうじて、この上下が判らない顔がフロントマントだけ判りました。

続きを読む

Paul Gilbertの新しいアルバム”Fuzz Universe”を聴きました。

Paul Gilbert 2
Paul Gilbert 2 Photo by _pictures

地元のCDショップには到底入荷されない類のアルバムですが、iTunesで好きな時に買えるのは、やはり便利なものです。
しかも今のように子供の世話で全く時間が無い時なんて、ダウンロード販売は重宝しますね。

おっと、話が逸れた。
Fuzz Universe の話に戻ります。

このアルバムですが、聴いて最初に驚くのが、その音のストレートさ。
最近のエフェクトやミックスで綺麗に化粧を施された音に聴き慣れている私の耳には、インパクト大ですね。
全編ギターインストなんだけど、ある意味「バカ正直」にギターで勝負!みたいなサウンドです。
ベースとドラムもギター同様シンプルで、一昔前のサウンド!?に聴こえなくもない(苦笑)
今だったら、デモ音源のブート版?という感じ。
実際、一曲目のイントロ、アルバムの開始数十秒でポールはミスってるのに、そのまま使っちゃっているのが凄い。

これをストレートなロックと言うか、古臭い音と言うかで評価は別れるだろうなぁ。続きを読む