BIG MUFFのコピーのコピー TRIAL SF-5 コピーの方が音がいいかも?

Trial sf5

TRIALからELK BIG MUFF SUSTAINERのコピー

70年代、BIG MUFFのコピーモデルとして売られていたELK BIG MUFF SUSTAINER。
オリジナルよりよく歪みサスティナーの名の通り長く伸びる音がとても気持ちいいファズがありました。
今でも人気で中古品が出ると結構高値になっているようです。

そのELK BIG MUFF SUSTAINERをベースにしたファズがミニサイズでリリースされました。
それがTRAIAL SF-5です。

完全コピーという訳ではなく、サイズを流行のミニサイズにダウンサイジング、TRAIAL独自のモダン化を施してあるとのこと。“TRIAL : 高早楽器技術”のブログは2012年6月以降更新が無いので、TRAIAL SF-5を販売しているイケベ楽器から商品説明を引用させてもらいます。

荒々しく切れ込むような高域と図太くダークな低域を持っており王道のMuffサウンドながらも非常にタイトで抜けの良さが際立った逸品!サウンドに密度がありモダンなテイストを感じさせ現代のミュージックシーンでも十二分に活躍が期待できる事でしょう!
via: 【楽天市場】TRIALSF-5 E.M.Fuzz:イケベ楽器店 プレミアムギターズ

相変わらずですが、エフェクターの紹介文って「で、どういう音なんだろう」と思わせてくれます。

ELK BIG MUFF SUSTAINER

実は私も友人から格安で譲っていただいて所有していたことがあります。
コピー元になったBIG MUFFは弾いた事がなく比較は出来ませんでしたので、以下はELK BIG MUFF SUSTAINER単体としてのイメージになります。

思った以上に歪みますが、ファズとしてはキレイな歪みでした。
コードを弾いてもしっかり音が分離していて使い安かった。
前述の紹介文にタイトと書いてありましたが、確かにそういうイメージはありあす。

この動画の前半がELK BIG MUFF SUSTAINERの音です。
こんな風にファズらしい凶暴な音もいけました。

TRAIALがどう料理したのか

このELK BIG MUFF SUSTAINERをTRAIALが現代版にどう料理したのか興味深いところです。
ELK BIG MUFF SUSTAINERは古い為かノイズがありましたし、あの大きな筐体もエフェクターボードに入れるにはとても邪魔でした。

ノイズが減って、小さくなった。
それだけでも十分に価値があると思いますが、TRAIALが更にモダン化したというのですから、ちょっとした今風の味付けがしてあるのかもしれません。
まだデモンストレーションムービーやサウンプルサウンドが公開されていないようなので、見つけたら要チェックかな、と思っています。


1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください