同じバンドが二つある!? Queensrÿche / クイーンズライク

Operation: Mindcrime

80年代から90年代にかけて活躍したバンド、Queensrÿche / クイーンズライクをご存知でしょうか。
1988年にリリースされた“Operation: Mindcrime”はプログレメタル系のコンセプトアルバムで名盤のひとつだと思います。

当時、私も大好きなバンドで全曲コピーまでしました。
本当に大好きだった。

1990年にアルバム“Empire”をリリース。
全米で300万枚も売れる大ヒットに。
その後、Queensrÿcheは迷走し始めます。

消えていったQueensrÿche

個人的にミュージシャン、アーティストのゴシップ、内紛などは興味がありません。
そういうゴタゴタで消えていくバンドは多々あるのですが、その辺のニュースに興味がないから私の中では「知らないうちに消えていったバンド」という事になってしまいます。

Queensrÿcheもその一つ。
その後のアルバムもあまりパッとしない出来栄え。
“Operation: Mindcrime”の続編でリリースした“Operation: Mindcrime II”は期待をし過ぎてしまったせいか、思ったほど好きにはなれず。
そのまま過去のバンドとなっていました。

2バージョン

それがここ最近になって新しいミュージックビデオが公開され、目にする事に。
見てみるとメンバーが違う…。
そういえば中心メンバーだったジェフ・テイト / Geoff Tate (Vo)が解雇されたっていうのは何かのニュースで見た。

久しぶりに見たQueensrÿche。
メンバーが誰なのか気になったのでWiKiを見てみたら…

現在のメンバー

<マイケル・エディ・スコット・バージョン>
トッド・ラ・トゥーレ(Todd La Torre)、ボーカル
マイケル・ウィルトン(Michael Wilton)、ギター
パーカー・ラングレン(Parker Lundgren)、ギター
エディ・ジャクソン(Eddie Jackson)、ベース
スコット・ロッケンフィールド(Scott Rockenfield)、ドラム、パーカッション、キーボード

<ジェフ・テイト・バージョン>
ジェフ・テイト(Geoff tate)、ボーカル
ケリー・グレイ(Kelly Gray)、ギター
ロバート・サーゾ(Robert Sarzo)、ギター
ルディ・サーゾ(Rudy Sarzo)、ベース
サイモン・ライト(Simon Wright)、ドラム
ランディ・ゲイン(Randy Gane )、キーボード

via: クイーンズライク – Wikipedia

マイケル・エディ・スコット・バージョン?
ジェフ・テイト・バージョン?
なんだこれ??

Queensrÿcheが2バージョンある?

内紛だらけ

WiKiの来歴を読んだら、読むのも嫌になるくらいの内紛だらけ。
音楽活動より内紛の説明の方が長いくらい。

どうも中心メンバーだったジェフ・テイトが解雇され、Queensrÿcheに残っているメンバーがQueensrÿcheと名乗り活動。
解雇されたジェフ・テイトも他のメンバーを集めてQueensrÿcheと名乗り活動。
その両者がお互いを訴えて裁判になっていると…。

はぁ。そうですか。

その他にも内紛の数々があるので、気になる方はこちらをお読み頂くとよいかと。

クイーンズライク – Wikipedia
Queensrÿcheの内紛がどっさり書いてある

残念だ

最近はすっかり忘れていたとはいえ、当時は大好きだったのでQueensrÿcheの今のこの状態はとても残念。
こういうのがあるから、ミュージシャン、メンバーのごたごたって目にしたくないんですよね。

凄そうに見えるミュージシャン達も同じ人間。
ごたごたするのも当たり前なんですよ。
裏(話は)はずっと裏のままでいいんです。

音楽

気を取り直して。
当時の曲をYouTubeで探してみました。

これが“Operation: Mindcrime”の収録曲のひとつ“I Don’t Believe In Love”です。
ただ“Operation: Mindcrime”に関しては一曲一曲というより、アルバム全体で聞いて欲しいですね。
冒頭のSEからその世界に惹き込まれる魅力はコンセプトアルバムならではです。

そしてこちらが大ヒットした“Empire”の収録曲“Empire”

どちらも懐かしい80〜90年代のメタルですね。

そして最新の曲がこれ。
結構かっこいい。

Queensrÿche(マイケル・エディ・スコット・バージョン)です。
でもボーカルがジェフ・テイトじゃないとQueensrÿcheに見えないな。
無理してQueensrÿcheと名乗る必要もなさそうな…。
Queensrÿche – Redemption

音楽に力を注いでおくれ

当事者の皆さんには色々と思惑があるんでしょうが、
できれば早々にこの問題は解決して、音楽に力を注いで欲しいな。

昔のQueensrÿcheの輝きが失われていったように、人のパワーには限りがあると思います。
そんな所で限りのある人のパワー、才能を使わずに、
そのパワーを音楽に注いで欲しい。

Queensrÿcheの現状を知って、そう思いました。


1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください