OD808とBogner Uberschallのデモを録音して見事に失敗した

OZPA hi rudehumarerudansei500
photo by pakutaso.com model by OZPA

Bogner Uberschallをブーストする音を録ってみたが酷い結果に…

なぜこんな写真なのか…はさておき、

昨日書いた“TS系とは一味違うMaxonのオーバードライブ OD808 | Guitar Mekk”のデモンストレーションを録音してみましたが、見事に失敗。
失敗したのでネタにします。(おい)

まずは悲しい失敗デモンサウンドを聴いてください。
ああ、残念だ。

ダメダメポイント

まず、
演奏が…というはバベルの塔の棚の上に置いておきましょう。

(改めて)
まず、音の差が判り難い
OD808のON/OFFで音の差が判らん。
ぱっと聴いた感じで判らん。
もちろん私は弾いて録った本人なのですぐ判りますが、初めて見る方がこの差を聞き取れるでしょうか。

ヘッドフォンをしてよーく聴いたら判ります。
通して聴くと判り難いけど似た演奏パターンのところをクリックしてパッと切り替えれば、さすがに差が判ります。
その程度の差だったら要らないよね、と。

そしてOD808を使った方の音が良くない。
致命的です。
助っ人外人を雇ったらチャンスをことごとく潰すチャンスストッパーだったような残念さ。

理由は簡単。
歪ませ過ぎ。

ギター単体で気持ち良い音はアンサンブルでは??

録音する前の段階、軽くチェックをして音の差はもちろん、OD808でブーストしたときの方が音が良く聞こえるポイントも押さえたつもりでした。
しかし、ドラムに重ねてみたらその音はNG。

OD808でブーストしていない方が、歪みが適量で音が前に聞こえます。
OD808をONにしたら音が少し引っ込みました。

一人で弾いている時はギター1本なので、少し歪みが多めの方が気持ちよく弾けたりします。
でも、往々にしてそれは歪ませ過ぎ。
案の定、ドラムを重ねただけで音が引っ込みました。

以前録った“EarthQuaker Black Eye Clean Boostのデモムービー | Guitar Mekk”の方がまだやりたい事が明確ですね。音の差もはっきり判る。

音作りは難しいのを再認識しました。
一人で悦っていると良い音なんて出来ないんだな、と。

懲りずに再挑戦します

OZPA ikidaoreiine500
photo by pakutaso.com model by OZPA

これに懲りず、また時間をとって録音し直してみようと思います。
実音を耳で聞いている限り、MaxonのOD808でのBogner Uberschallのブーストは結構良さそうだと思っているので、もう少し上手くセッティングをすれば、その良いポイントを見つけて録れそうな気がします。

現状、手軽にパパッと録音しただけでは、EarthQuaker Black Eye Clean Boostでブーストした方が良い音を出しやすそうな感じです。
ただ、ちょっとEarthQuaker Black Eye Clean BoostではBogner Uberschallの歪みが若干ブーミーになるきらいがあるので、その辺をOD808でどう変えられるかをチャレンジしたいですね。

以前、楽器店の店員さんに聞いたこの話をもう少し追求してみます。

内部昇圧している関係か、ボリュームを上げる系統のブースターを使うとブーミーな感じがして、いくつか試してみたのですがあまりよくありませんでした。
TS-9のように音に艶を与えるような、音色を弄ってプラスGAINを加えるとかいった感じのブースターの方が良いかもしれませんね。
via: Bogner Uberschall ボグナーのハイゲインペダルはイメージとは違った | Guitar Mekk

おまけ

こういうの難しいけど楽しいね。
そんな暇があったらギターの練習しろって話ですが。

それと、こんな失敗デモンストレーションでもYouTubeでコメントをくれる方がいました。
ありがとう。


1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください