アルペジエーターなんて知ってる!? EarthQuaker Devices Arpanoid

EarthQuaker Devices Arpanoid

設定した音階で残響音が出る

好きです、こういう変態ペダル。
知らない方も多いかと思うアルペジエーター。
私もこういうエフェクト効果は知っていましたが、アルペジエーターという名前のエフェクターなのは初めてしりました。

そのEarthQuaker Devices Arpanoidの効果を簡単に説明します。
メジャーキーもしくはマイナーキーの設定をして、そのキーに合わせて残響音が音程を変えながら鳴り響くエフェクターです。
…文字にすると意味が判りません。

まずはEarthQuaker Devices Arpanoidのデモンストレーションを聴いてみてください。
百聞は一見に如かず。

聴いてみると「ああ、なるほど」と思われるんじゃないでしょうか。
ちょっとした高機能なディレイやマルチエフェクターでEarthQuaker Devices Arpanoidに似た機能が入っているものもありますね。

どうやって使うの?

EarthQuaker Devices Arpanoidってどうやって使うんだろう?
私も思いました。

探してみたら、お馴染YouTubeで海外の楽器店のデモンストレーションを見つけました。
曲のイメージがし易いデモンストレーションです。

こちらはダークな雰囲気

こちらはアンビエント系!?というような不思議空間〜歪んだ音まで色々
※長いのですがデモが多彩なのでEarthQuaker Devices Arpanoidに興味がある方にはオススメ

コントロール類

EarthQuaker Devices Arpanoidはコントロールが複雑そうだな…と感じましたが、意外とそうでも無さそうです。
ナインボルトさんの商品説明に記載があったので引用させていただきました。

Wet:エフェクトシグナルの音量を調整します。12時付近の設定でユニティゲインとなります。
Dry:ドライシグナルの音量を調整します。12時付近の設定でユニティゲインとなります。
Rate:アルペジエートを行う際のシーケンススピードを調整します。
Step:アルペジエートの際、いくつの音を出すかを設定します。全体的なシーケンスのタイミングとフィールを変えることができます。
トグルスイッチ:シーケンスの方向を切り替えます。左のポジションではアセンディングスケールとなり、音程の上昇が繰り返されます。右のポジションではディセンディングスケールとなり、音程の下降が繰り返されます。中央のポジションでシーケンスはスケールの上昇と下降を繰り返します。
Mode:アルペジエート時に音程が移動する範囲とキーの8つのモードを切り替えます。選択できるモードは以下の通りです。

  1. Major: -1オクターブ~ルート
  2. Major: ルートから+1オクターブ
  3. Major: -1オクターブから+1オクターブ
  4. Major: ランダムパターン
  5. Minor: -1オクターブ~ルート
  6. Minor: ルートから+1オクターブ
  7. Minor: -1オクターブから+1オクターブ
  8. Minor: ランダムパターン

via: 【楽天市場】【予約受付中:10月中旬入荷予定】 EarthQuaker Devices Arpanoid:エフェクター専門店 ナインボルト

この独特な雰囲気はオリジナリティ高いな

EarthQuaker Devices Arpanoidを使いこなすのは難しそうだけど、一度ハマる曲を作ったらこれは強烈な武器になりそうですね。
個性的も個性的。
こんなギターサウンドを聴かされたら、結構印象に残ります。

曲に何か一発スパイスを入れたい…なんて時に使うと効果がありそうですね。
何か個性的な曲ができたら是非教えてください。
ここで紹介させていただきたいです。

奇才ぶりを発揮でき(そうな)EarthQuaker Devices Arpanoid。
個性あるサウンドが欲しいギタリストの方にオススメですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください