少年少女が弾くDream Theater

決して上手い訳じゃありませんが、面白い

ドリーム・シアター / Dream TheaterのPull Me Underは彼らの初期代表曲と言える名曲だと思います。
これをカバーしている人たちはたくさんいるのですが、これは少年少女達だけでカバーしているのが興味深い。
特にボーカルの女の子。
なんと11歳!

そして他のメンバーの年齢も11歳から18歳。
中核となるのは14〜15歳と若い!
決して「演奏がすごく上手い」という類いのムービーではありませんが、(いやそれなりに上手いのですが)、見ていると「やるなぁ…」と。
お父さんは感心してしまう訳です。

結構手の込んでいる編集

撮影も複数カメラで編集もしっかり。
お父さん、お母さん達が裏方で頑張ったのかな。

と、色々想像しながら見てみてください。

ボーカルの女の子が両手を開いて熱唱する辺りなんて「なまいき〜」と思ってしまいます。

Pull Me Underの演奏が終わった後のエンドロールが秀逸ですので、是非そこも見て欲しいと思います。
大したことはないのですが、「おっ」と思わせてくれました。

Pull Me Underは21年前の曲

Pull Me Underは21年前の曲です。
収録アルバム:イメージズ・アンド・ワーズ / Images & Words(1992年リリース)

このムービーのメンバーは誰も産まれていません。
Dream Theater好きな親がどこかにいるな、と思わせてくれます。

遊びは真剣にやると面白いね

彼らがDream Theaterを好きなのかどうかは判りませんが、この年齢でレコーディングやPV撮影の経験ができるなんていいですね。
正直、羨ましい。

ムービーの概要を読んでみたら、どうも音楽学校の企画のようですね。

aaronokeefe
企画した音楽学校のサイト

なるほど、それならこの凝った作りは納得。
「なんだ、プロが仕込んだのか、つまらん」と思う人もいるかな。

でも、私は音楽学校でDream Theaterを取り上げる自由さが気に入りました。
日本の音楽学校で11歳の女の子にDream Theaterを歌わせるところなんて無いと思います。
もしあったら教えてください。

遊びもここまで真剣にやると、面白いし身になるよなぁ。
どれ、日本の我々も負けずに真剣に遊びましょう!

Dream Theaterの原曲

こちらが本物。
当時のDream TheaterのPull Me Under。
ラジオバージョンで短いものです。

相当若いはずのDream Theaterのメンバーが、さっきのムービーの後に見るとおっさんにしか見えません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください