Bogner Uberschall ボグナーのハイゲインペダルはイメージとは違った

BognerはRedよりUberschallじゃないか?

Bogner Ecstasy Redは使っていました。
あれがBognerで一番かと思いましたが、今は違います。
Bogner Uberschall。
Bogner のペダルで一番のお勧めはコレですね。

起用さではBogner Ecstasy Redですが、ず太いアンプライクな歪ならBogner Uberschallです。
Bogner Ecstasy Redほど多機能では無い分、ずいぶんとストレートで抜けの良い音を聞かせてくれます。

ハイゲインだけじゃない

アンプのBogner Uberschallはハイゲインアンプとして有名なので、このエフェクターのBogner Uberschallもハイゲイン一押しペダルかと思いきや、実はそんな事なかった。
クランチレベルからオーバードライブ、ディストーションとかなり幅広い音作りを楽しめるディストーションペダルでした。

日本代理店のサイトの紹介文にもそんな事が書いてあります。

Bogner Pedals Uberschallは、クラシックなローゲインから
ミディアムゲインも含んだ幅広いゲイン域をカバーしますが、
その本領はUberschallアンプの特徴でもあるストレートで
ハードなディストーションサウンドにおいて発揮され、
正に「Armageddon in a Box」と称すべきペダルです。

Bogner ECSTASY UBERSCHALL|Musette Japan
日本代理店Musette Japanのサイト

歪み方は荒め。スムーズなすごく歪んでコンプがかかった感じではありません。
アンプで歪ませたような抜けの良さ感じを得られます。
コントロールのMidの効きがとても強い。
Midを下げ切るとドンシャリのいかにもHM向けの歪みが。
Midを上げると太く張りのある歪みが得られます。歪みを少なくして使うならMid上げ目が美味しいですね。

YouTubeで色々聞けます

YouTubeから参考になりそうなものをピックアップしてみました。

まずはハイゲインペダルらしいデモから。
これがアンプからの出音に一番近いイメージ。

ゴリゴリ、ズンズンのメタルサウンド…と思いきや、見ていただくとわかるのですがそこまで酷い?歪みじゃないんです。
どちらかというとハイゲインのアンプのイメージですね。
アンプから名前を取っただけあるな、と感じさせます。

お次はボグナー氏自らがBogner Uberschallを紹介するムービー。
どこかの特番で作られたプラモーションムービーのようだ。
乗っけからブルージーなフレーズで意外性のあるところを聞かせてくれます。
これを聞くとBogner Uberschallの歪みがかなり幅広くて、ハイゲイン一辺倒じゃないのがよくわかりますね。

最後はBognerのオフィシャルムービー。
Midを少し上げ目の歪みが聞けます。
これもハードなフレーズからブルージーなフレーズまで色々と弾いてくれます。
Bogner Uberschallが様々なジャンルの音楽で使えるのをアピールしてますねぇ。

Bogner Ecstasy Redも使っていましたが…

Bogner Ecstasy Redを入手した当初は発売前の評判通り、凄く気持ちいい歪みに「もう、これ以外の歪み系は要らない!」なんて思ったくらい。
あのこってりと作り込んだ音が最初は気持ちいいのですが、聞き込むと何か物足りない…。

特に気になったのはMAD PROFESSOR Mighty Red Distortionと比べた時の音の細さ。
Bogner Ecstasy Redだけ使ってコードでリフをかき鳴らす分には気持ちいいのですが、シングルノート(単音)でのソロプレイで比べてしまうとMighty Redの方が明らかに太い音がしていました。
スタジオの大音量でその差はよく感じました。
それでBogner Ecstasy Redはベンチ入り。以前から使っていたMAD PROFESSOR Mighty Red Distortionに戻ってしまいました。

Bogner Ecstasy Redと比較

今回、Bogner Uberschallの試奏時にそのBogner Ecstasy Redも試しました。
久しぶりだったので、両方を比べてみようと思ったのです。

前述した通り、Bogner Uberschallはの方がコンプレッション感が少なく荒めの歪み。
Midが多いのですが、合わせて音抜けも良さそう。
ピッキングのニュアンスやボリュームに対する追従がよく、弾き手の反応についてきてくれる。レスポンスがいい感じです。

Bogner Ecstasy Redはコンプレッション感が強くきめ細かい歪み。
Midが少なめのドンシャリ傾向。ボリュームを絞ると線の細い感じに。
色々とミニスイッチ類が多く有り、音色の切り替えは多彩なのですが基本的な傾向は変えられません。
ただ、上品な歪みと言われたらBogner Ecstasy Redですかね。

よりロックテイストを感じさせるBogner Uberschallに、品良くまとめたBogner Ecstasy Redという感じでしょうか。

ブースターを選ぶ

店員さんに聞いた興味深い話もここで紹介しておきましょう。
Bogner Uberschallが思ったより歪まなかったので、ブースターを入れるとしたら…という話をしていたのですが、こんなレビューを教えてもらえました。

内部昇圧している関係か、ボリュームを上げる系統のブースターを使うとブーミーな感じがして、いくつか試してみたのですがあまりよくありませんでした。
TS-9のように音に艶を与えるような、音色を弄ってプラスGAINを加えるとかいった感じのブースターの方が良いかもしれませんね。

なるほど。
確かにブーストした時に音が詰まってしまうようなディストーションって多いですね。
Bogner Uberschallもそうなのかもしれません。

ブースター選びは、また悩むかもしれないな。

商品イメージと違うディストーションペダル

Bogner Uberschallは、どうもハイゲインの強烈に歪むHM専用機といったイメージで見ていました。
ところが試してみたら全く違った。
さすがBognerというところなのでしょうか。
そんな単純な激歪みペダルなんかじゃありませんでしたね。
歪みを抑えても十分に使える音。かなり守備範囲の広いペダルだと思います。

もちろんロック寄り。
ハード系のロックからHMなんて好きな方にはうってつけかもしれません。
人によってはブルージーなプレイでも使えそうですよ。
ジャズ、フュージョン系POP系にはちょっと音が前に出過ぎるかもしれませんね。

深く歪ませてなおかつ音を前に出したいってギタリストの好きなツボを心得たディストーションペダルだと思います。

Posted from するぷろ for iOS(ブログエディタ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください