8弦ギタリストの皆さん向けチュートリアル…誰が弾くんだ!?

8弦ギタリストの皆さん待望…の?

8弦ギターでヘビーにリフを弾くDEADLOCKのギタリスト、セバスチャン・レイチェル / Sebastian Reichl。
DEADLOCKのアルバム”The Arsonist”からオープニングナンバー “The Great Pretender”のリフとスウィープの演奏を見せてくれています。

これは8弦ギタリスト必見!!

…って、ここの読者で8弦ギタリストがいるのでしょうか。
まあ、とにかく見てみてください。

なんとなく、雑というか粗削りというか。
だいたい最後に笑ってしまうあたり、かなりゆるーくやってるでしょう。

8弦の音を聞ける貴重なムービー

1:16あたりから8弦をメインに使ったリフを弾いています。
8ギターだけの音ってなかなか聴けないので、貴重なムービーかもしれない。

と無理やりこのムービーの希少価値を高めたいような評価をしておきました。

手が小さく見える

日本人は手が小さいなんて言いますが、8弦を持った欧米人ギタリストの手を見ると小さく見えました。
比率としては6弦ギターを持つ日本人と同じくらいに見えた。

これも見られるのもこのムービーの貴重なポイントです。

7弦ですら教材は少ないのに

7弦ギターですら教材が少ない今の世の中。
8弦ギターのチュートリアルなんて、希少価値が高すぎます。
そして、これを見て為になる8弦ギタリストも、希少価値が高過ぎます。

8弦ギタリストの方がいらっしゃったら、是非コメントください。
尊敬させていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください