富士山のご来光!?A.Y.A tokyo japanR-COMP 10th Anniversary Model

R COMP 10th2

和風のデザインが素敵なAYA tokyo japan

音の良さももちろんですが、その筐体の和風のデザインも特徴的なAYA tokyo japanのR-COMP。
そのR-COMPの10周年記念モデルが発売されています。

コンプ自体はレギュラーモデルと変わらず、デザインが富士旗竿と富士山のご来光。
富士山の世界遺産登録に合わせたナイスなデザインです。

AYA tokyo japanのサイトから河合氏のコメントを引用させていただきます。

みなさまのおかげでAYA tokyo japanは10周年を迎える事ができました。
そこで、R-COMP10周年記念モデルを発売します。

富士山世界遺産登録と同じ年と言う事で富士山固有種の花『富士旗竿』と富士山ご来光を描いてみました。

価格、サウンドは従来のR-COMPと同じです。

AYA tokyo japan/河井誠

いいなぁ、このデザイン。
日本らしさ全開。
色使いが鮮やかで海外の方が好きそうなデザインかもね。

音は良いよ

このR-COMP。とても気持ちよくコンプがかかります。
ナチュラルな感じというより、しっかりコンプらしさが感じられるタイプ。
しっかりかかっている感じがあるのに、音抜けや質感に劣化するような感じはなく抜けの良さすら感じます。
ROSS系というとKeelyのコンプがよく取りざたされますが、Keelyのコンプ(2ノブ)のように音が明るくなったりする感じはありません。
Keelyとはまた違う高品質なコンプだなと感じました。
ほんと上品ですね。

AYA tokyo japanの商品説明

AYA tokyo japan/R-compはROSSのコンプサウンドを参考にし、よりふくよかで温かみのある音、ローノイズである事、コンパクトである事、そしてもちろんトゥルーバイパスである事を基本に製作しました。

まとまりのあるサウンドでオケの中でしっかりと定位するヌケの良い音に変化します。

昨今の電子パーツのROHS化(環境基準)により、数々のパーツが絶版となり極めて入手困難になってまいりました。そこで、主要なカップリングコンデンサー(ERO/Roederstein1826、等)やオペアンプ CA3080などAYA R-COMPに必要不可欠なパーツはそのままに電源部のフィルター回路用電解コンデンサーなどを現行パーツに変更いたしました。
しかし、電源フィルターのパーツとはいえ音質は確実に変化してしまいます。
そこでもう一度、抵抗やダイオードなどのパーツも壱から見直し、新たな組み合わせでR-comp本来のサウンドをキープする事に成功いたしました。
カーボン、金属皮膜の2種類の抵抗を使用し、ERO/Roedersteinなどのコンデンサー、KESTER製ハンダ(特注品、ビンテージ、ノーマルの3種類)ベルデンケーブル、GE製ケーブルなどを使用して組み上げております。

デモ演奏はほとんど無いんです

R-COMPのデモやサンプル音源は異常に少ないんですね。
見つけたものも音があまり良くない。
比較的、よいのがこれです。

このおっさん、ギター上手いな…。

限定品かどうかは不明

サイトには記載が無いのですが、これは限定品でしょうかね。
10周年って銘打っているから今年いっぱいかな?
でも品数は少なそう。
ただ限定品とは書いていないから、もしかしたら売れたら売れただけ作るのかもしれないし。

R-COMPは欲しいコンプの一つなのですが、この10周年記念モデルは今まで以上に欲しいなぁと思わせてくれます。

しかし、これが似合う音楽のジャンルの音楽を演奏することないんだよな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください