ハイテク系ギタリストのインスト曲 Fields Of Utopia – Paul Wardingham

テクニカルなHM系ギタリスト

Google+のギター系コミュニティで知ったギタリスト、Paul Wardingham。
まだYouTubeで見ただけで詳しくないのですが、ソロでインスト曲のアルバムを出したりしているようです。
色々なアーティストのアルバムに参加したりギターレッスンなどもやっているようで、非常に器用で上手いギタリストですね。

Ibanezの7弦ギターPrestige RGD2127zやRG2627ZEを使っていて、演奏はテクニカルなHM系です。
テクニカルな速弾きだけじゃなく、曲によっては情緒あるフレーズもあってプレイに緩急が感じられます。
テクニカル一辺倒だと聞いていて疲れるのですが、この方のプレイは聞いていて飽きないしので好きになりました。

Fields Of Utopia – Paul Wardingham (In-Studio)

YouTubeにアップされている曲をまだ全部は聞いていないのですが、これがいまのお気に入りの曲です。

ミドルテンポのインスト。
驚くような速弾きとじっくり弾く感じのパートが交互に出てきて、ギタリストとしては聞いていて楽しい。
アルバムも出ているようなので、今度買ってみようと思います。

Paul Wardinghamオフィシャルサイト

上手いっていいな

どうでもいい話ですが、西洋の皆さんは禿げていても格好がつくのはいいな。
ギターが上手いからなのか。元々のルックスがいいからなのか。
これが日本人の場合、温水さんのイメージになっちゃうんだよね。

そういう私も頭頂が怪しいのですが…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください