ディレイ入れ替えよう

飽きてしまった

アナログディレイが使いたくなって入れたMXRのCarbon Copy。なかなか良いのだけど、如何せん1パターンの音しか出せないのに不便を感じてきたのでTIMELINEに戻そうかと思う。
Carbon Copyを1パターンに感じる理由は2つ。

Strymon TimeLine
Strymon TimeLine Photo by AshV

1つは音色の個性。
Carbon Copyのディレイ音は好きな音色なんだけど、その個性が濃い味に感じているのかもしれない。その濃い味が同じ調子で続いてしまい飽きてしまった。

プリセット機能が欲しい

もう1つはプリセットが出来ないこと。
Carbon Copyはオンとオフしかできない。当たり前なんだけど、これが意外と困る。
歪みペダルならボリュームや弾き方を変えると音が変わりバリエーションを楽しめる。


ディレイはそうはいかない。
ツマミを弄れば色々な効果音的なものも出せるのだけど、弾くたびにそれをするのは面倒。
コンプみたいに縁の下の力持ち的なペダルだったら効果が1パターンだけでも妥協点を見出せるのだけど、ディレイはその効果の派手さが特徴とも思うので、1種類のセッティングだけでは物足りない。といか不便。
もしCarbon Copyを使い続けるなら3〜4台並べてスイッチャーで切り替えたいくらい。

実際それは非現実的。費用だけでもそれだけで10万円近くかかってしまう。
そんなにアナログディレイだけ並べるのも面白いけど、宝くじが当たったらやればいい。メインボードで使うことを考えるとそれはない。

TIMELINEのデカさは困る

いざボードに入れるとなると、困った。
デカイ。
Carbon Copyの3〜3.5倍の横幅。
今はボードにペダルがきっちり収まっているのでディレイ以外のペダルも何かしらの入れ替えが必須。

おまけに専用アダプターが必要。
TIMELINEは(電流の)大食らいなのでパワーサプライから供給するには2系統を1つにまとめる特殊な電源ケーブルを使ってTIMELINEに電力供給する必要がある。
そうするとボード全体で端子が足りなくなる。パワーサプライを2台使ったこともあるが…。

まあ、とにかくTIMELINEを使うにはスペースの確保、そしてACアダプターかパワーサプライの追加が必要になる、と。

1台入れ替えるだけなのに…

たかだかディレイの入れ替えをするだけなのに、なかなか腰が上がらない。
ボードを大きいのにしちゃうか?
そうすれば入れ替えはしなくていいけど…そうしたら配線全部やり直しか。

これは大掛かりなボード組み替えになりそうだな。
どうするかもう少し考えよう。

アベノミクスで値上げ

余談だけど。
円安でTIMELINEが値上がりしている。
相場50,400円にもなっている。旧価格45,000円だったからかなり上がった感じがするな。


Posted from するぷろ for iOS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください