アナログ志向

アナログブーム到来

自分の中でだけの話だけど、アナログペダルの音が気に入っている。

Maxon PAC9
Maxon PAC9 Photo by Mekkjp

手持ちでデジタルのペダルというとコーラスとディレイの空間系。これらはペダルの中でも最後段に位置するペダルなので、音の最後の味付け役として影響は小さくないと思っている。
デジタルディレイのクリーンさ、デジタルコーラスのノイズレスな揺らぎは素敵なんだけど、そのクリーンさ故か時折こうやってローファイなアナログの音に戻したくなる衝動に駆られる。

コーラスとディレイをアナログ化

今回、コーラスはMaxon PAC9、ディレイはMXR Carbon Copyに。
音はいままでとは全く違うと言っていいほど変わった。

MaxonのPAC9は使っている人を滅多に見かけない。店でも売っているのを見たことない。結構不人気モデルか?
試してみたら予想以上に綺麗なコーラス音で驚いた。使えるなんてもんじゃなく、これは使いたい。

ネットで情報を検索してみたら、数少ないながらも使っている方を散見。その方々のレビューはまあまあ良かった。
そして一部これが好きな方はかなりベタ褒め。
こう言うのは鵜呑みにできないのだが、鳴らして納得。これは惚れる。

ディレイのMXR Carbon CopyはPAC9とは反対に人気のあるペダルではないだろうか。
アナログらしいディレイ音でありながら、ノイズレスで使い良い。
ディレイ音にモジュレーションをかけられるので、微妙な揺らぎを足したテープエコーっぽい感じも出せる。
(なんて偉そうに書いているがテープエコーは使ったことありません。)

クリーンなアナログディレイという訳ではない。
アナログっぽさが有りながら、ノイズレス、古いアナログディレイの様なそこまで劣化した感じの音ではない、と。普通に使い易い様にチューニングがしてあるディレイではないかと思う。

機能は足りませんが

デジタルのペダルで作ってきたセッティングに比べると機能が足りないのは間違いなし。
プリセットなんかできないし。
タップテンポなんて取れない。
ライブで設定変えるならツマミ回すしかないし。

ただ、それってペダルとしては普通なんだよね。

デジタル物を使うと、その設定をするのに時間が取られる。
もちろんそれは楽しい作業だし、音が曲や自分が思うのイメージにより近づけるのだからやってしかるべき作業なんだけど。
アナログのペダルを使うと、そのシンプルさを思い出し、それでも良い感じにできる事を思い出す。

デジタルの細かい設定。それで何を追うのかにもよるけれど、その作業が本当に必要か見失う時がある。
今回のデジタルからアナログへペダル2台入れ替えは、今の自分の音楽にそれ(デジタルの細かさ)が必要かどうかの問いかけでもあった気がしている。

ごたごたたくさん書いたけれど、
今の私にはアナログで十分!ってことか。

Posted from するぷろ for iOS.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください