Red Witch Empress Chorusの内部スイッチ

Red Witch Empress Chorusの内部スイッチ

Red Witch Empress Chorusの内部にはトリムポットとミニスイッチが付いている。
このスイッチが何の調整をするものかわからなかったので、代理店の島村楽器き問い合わせをして教えてもらった。

Red Witch Empress Chorus
Red Witch Empress Chorus Photo by Mekkjp

トリムポットはBBDのバイアス調整用。
ミニスイッチはインプットゲインの調整ができるとの事。

John Petrucciモデルで歪む

Red Witch Empress Chorusの音が好きでボードに入れてみたが、出力が大きいギターでは弾いた時に音が歪んでしまう。
私の環境だはMUSICMANのJohn Petrucciモデルで歪んでしまった。
そこで何か調整方法が無いか調べた所、内部トリムポットとミニスイッチが何かできそうだという所までたどり着いた。

弄っても判らなかった

この二つのスイッチが何かわからないまま、動かせば判るだろう的な甘い考えで弄ってみたが、動かしてもよくわからない。
トリムポットは回すと音が割れるか効き目が薄くなる(無くなる)だけ。
ミニスイッチは歪みが取れる気もするがコーラスの効き目がとても薄くなる。
なんだこれは?
結局、この二つのスイッチは闇雲に弄っても判らなかったので、代理店に問い合わせて教えてもらった。

調整は難しい

Red Witch Empress Chorusの内部スイッチ
Red Witch Empress Chorusの内部スイッチ Photo by Mekkjp

BBDのバイアス調整なんてどうやるのか判らなかったのでGoogleで調べてみた。
どうもオシロスコープを持っていないと正確に調整はできないようだ。
かなり大雑把に書くと、出力の波形を見ながらトリムポットを回して塩梅の良い所を探すと。

コーラス一台の為にオシロスコープを買うわけにもいかないので、耳を頼りに調整し直そうと思う。
私は既に回してしまったので仕方が無いが、回そうと思った人は思いとどまる事をお勧めする。
これはかなりデリケートな調整になる。コンマ数ミリ動かしただけで歪んだりする。

ミニスイッチの方は上か下にするだけなのでとても簡単。
下がデフォルト。パッシブのギターはこちらだろう。
ギターの出力が大きくて音が歪む場合はスイッチを上に。アクティブのギターの場合も上。
ただ、このスイッチを切り替えるとコーラスの効き目がかなり変わる。
ミニスイッチを下にした時に、ウネウネとうねる様な深めのコーラスを設定していても、ミニスイッチを上にしたらあっさりすっかりコーラスに豹変。
ミニスイッチを上にした時はもっと深目にかければ良いのだろうけど、可変幅が狭まるのは否めない。
変態的な全開設定をする時はミニスイッチが下でないと物足りないかもしれない。
それと、気のせいかミニスイッチ上の時は深くかけてもミニスイッチ下の時とは微妙に音色が違う気がする。はっきりとは言えないが少し音が薄い様な…。

コーラスの電気的な仕組みはわからないが、アンプの様にゲインを下げる事で音の厚みが失われるのかな?

貴重な情報かもしれない

Red Witch Empress Chorusの日本語の情報はGoogleで検索してもほとんど出てこない。
あっても代理店の島村楽器とアフェリエイト狙いのつまらない紹介記事ばかり。
このコーラスは日本にユーザーがいるのか?と思う程。

本家のサイトにも細かい情報はなく、海外の機材系の掲示板に書いている書き込みを見つけて、今回のトリムポットとミニスイッチを知った。
英語が読めない私にはGoogle翻訳様様だ。

更にいけないのが、付属している日本語マニュアル。
トリムポットを回すと「ある音をブーストします」なんて書いてある。「今の音に満足していたら回さないように」ともある。
そんな事を書いてあったら回すに決まっている。楽器をやっていて機材が好きな奴なんて、手持ちの機材で少しでも良い音が出る様に試行錯誤しているはず。
機材好きじゃなくても良い音を欲している輩が多いだろう。
これはマニュアルとしては間違っているとしか言えない。

島村楽器のサポートで回答してきた担当者もそのまま鵜呑みにして、それを私に説明していた。
蓋を開けてみれば、何もブーストしないスイッチで、良いポイントがあったら回さないでくださいと言っていた位だ。

Red Witch Empress Chorusユーザーへの教訓

日本に数少ないと思われる貴重なRed Witch Empress Chorusユーザーの皆さん。

トリムポットは回さない事。

回していいのは、オシロスコープを使ってペダルの調節できる位、電気的なスキルのある方のみ。判らなかったら触るべからず。


Posted from するぷろ for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください