THE DREAMSCAPEでTONE PRINTを使う時はアップデートが必要

THE DREAMSCAPEにTonePrintをアップロード

前回の記事 tc electronic THE DREAMSCAPE モジュレーション系のエフェクトを手軽に使える | mekk.jp で紹介したTHE DREAMSCAPEにTonePrintをアップロードするのに手間取った。他にもそんな方がいるかと思うので記事として残しておく。

TonePrintとBEAM IT.

TonePrintは簡単に書くとペダルの設定をする色々なパラメーターをTonePrintのデータで書き換えて、ペダルの音色を設定し直せる機能。
こちらのtc electronicのページに詳しく載っている。

TC Electronic | TonePrint | Introduction
tc electronicのTonePrint解説ページ

 

TonePrintのデータをペダルにアップロードする方法が2つかあり、一つはPCとUSBケーブルで繋いでデータをアップロードする方法。
もう一つはiPhoneから専用アプリを使い、ギターを通してアップロード。これをBEAM IT.と言う。

BEAM IT.について

これはtc electrnicのBEAM IT.プロモーションムービー。
このムービーを見て惑わされ、TonePrintのアップロードに手間取ってしまったのだが、戸惑った部分は後述する。
まずはBEAM IT.がどんなものか知らない方は、このムービーを参考に。

THE DREAMSCAPEでTonePrintアップロードする為のポイント

DREAMSCAPEでTonePrintをアップロードする方法自体は前述のプロモーションムービーで見た通り、非常に簡単。
なのに上手く出来なかった。
ハマったのは以下のポイント。

1.DREAMSCAPEのアップデートをする。

TC Electronic | TonePrintファームウェア・アップデート方法のページにDREAMSCAPEが載っていない。まず、ここでつまずく。
最新のアップデータは本家英語サイト Software – Support | TC Electronic からダウンロード。
サポートページからたどっていけば英語サイトに誘導されるのだが、BEAM IT.のページからは古いページにしか行けないので注意。

2.TonePrintモードに設定する、という言葉に惑わされるな

プロモーションムービーを見ると、TonePrintモードに設定した時にLEDがオレンジ色に変わる。
これがいけない。
このLEDの色が変わるTonePrintモードに入れないとTonePrintはアップロード出来ないのかと思った。
ところが、DREAMSCAPEをいくら弄っても、そんなモードに入らない。マニュアルを見てもtc electronicのサイトを見ても判らない。

なんのことはない。
DREAMSCAPEではつまみをTonePrintに合わせるだけで、TonePrintモードになっている。
LEDの色は通常のブルーのまま。

つまり、アップデートしたらそのままつまみをTonePrintに合わせてiPhoneからアップロード。それだけ。

なぜハマった?

こんなに簡単なのにハマったのは、こんな経緯。

アップデートが必要かと思いサイトを見たらDREAMSCAPEが載っていない。
サイトには「製品をお買い上げのタイミングによっては、すでに最新ファームウェアがインストールされており、アップデートの必要がない場合があります。」と書いてある。
DREAMSCAPEは比較的新しいペダルだったので、必要ないと思い込んだ。

アップデートせずにBEAM IT.を試したが動かない。もちろん動くはずはないのだが、動くはずだと思い込んでいるので迷路に迷い込む。
プロモーションムービーやサイトに載っている手順を見ると「TonePrintモードに設定する」と書いてあり、ペダルのLEDがオレンジ色に点灯している。
きっとDREAMSCAPEのLEDもオレンジ色に点灯するモードがあるはずだ、と思ってその方法を探す。
そんな方法は無いので、いくら探してもわかるはずもない。

ここで行き詰まって、Google検索の旅に出る。
もちろん、それで困っている人もいないので情報は出てこない。

その後検索を数日間繰り返したが判らずじまい。
tc electronicのサポートに問い合わせまで入れてしまった。
サポートの方、申し訳ない。

あっけなく解決

あれこれ探していたら、先のアップデータが載っているページ(Software – Support | TC Electronic)を発見。
アップデートした所、すんなりアップロードが出来てしまった。

BEAM IT.のページに惑わされたのは確かだが、自分の思い込みでえらく回り道をしてしまったのも否めない。

そんな思い込みが強い方が他にいるかどうかわからないが、そんな方の為にこの記事が役立つことを祈る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください