超短いパッチケーブル

超短いパッチケーブル
超短いパッチケーブル Photo by Mekkjp

チョー短い

ご覧の通りです。
超短い。
今風に書くと“チョー短い”か。

意外とコレ、作るの大変なんですよ。ハンダ付けする前にジャックのカバー?部分を外しておくんですが、こんなに短いと外してもハンダ付けする部分がギリギリ出るか出ないか。
そんなに狭い所に熱収縮チューブ、絶縁ビニールチューブ、プラグのカバーがひしめき合い、更に狭くなっている所をハンダゴテでハンダ付けするわけです。

パッチケーブルの入れ替え

そんなに短いのを何にどーするんだ?って話ですが、こーしたかったんです。

Stomp box / 2012.3.26 keely commpressor
Stomp box / 2012.3.26 keely commpressor Photo by Mekkjp

数ヶ月前に組んだボードですが、その中のパッチケーブルを入れ変え。
使っていたパッチケーブルはGeorge L’sだったのだけど、こいつがどうも音が硬い。決して悪い音じゃないのだけど自分が好きな音じゃない。
自分の環境特有なものかと思ってネットで調べてみたら、他の方の意見でもGeorge L’sはその音質の傾向が強いとか。
なるほど、この音はパッチケーブルが原因か。

それでどうしようかな?と考えたんですが、以前も使った事のあるMOGAMI 2534というシールドで自作する事に。
3年程前に作ったのだけど、既にどんなものだったか忘れています。またネットで情報を収集、こちらの記事を参考にさせてもらい、入れ替えを決定。

パッチケーブルに使うスイッチクラフトのプラグは新しく買うと高いので、3年前に作った残骸ケーブルをかき集め、そこからプラグを取り外す。
それでも足りない分は使わないCAJのシールドからも情け容赦なくもぎ取り、気分は盗賊♪

嘘です。
ハンダを溶かして外すのは、すっげー面倒臭かった。

MOGAMIのシールドを買ってきて、取り外したプラグを繋いで…と。
シールド代と収縮チューブ代だけで済みました。
トータル3,000円弱。

Stomp box / 2012.3.26
Stomp box / 2012.3.26 Photo by Mekkjp

これだけのパッチケーブルを作って、Providenceのパッチケーブル1本買うより安く済んだのは快挙。

きっとオーディオマニアとかその辺にうるさい人には許されないでしょうねぇ。古いプラグの使い回しなんて(苦笑)
だからって新品を買ったらプラグだけで軽く1万円を超えてしまう。

背に腹は変えられん。
いや間違い。
無い袖は振れないw

MOGAMI 2534 の音質は

音は良くなった。
以前の記事のレビューとは感想が変わりました。
バランスが良いという感想は変わらず。
耳が痛い程抜けが良い様な事を書いていたけど、今回はそう思わなかったんです。
これぐらいはハイが聴こえていて丁度いい。
他の楽器に埋もれないような抜けがいい音だと思います。

こうやって改めて試すと音の趣味って変わるもんだね。
改めて自分の耳のいい加減さを確認できた気がしますw

George L’sの時より角が取れた柔らかさが加わって気持ちいい音が手に入ったな。
満足満足。

轍を踏む

再三書いている以前の記事を読んで気がついたんだけど、あれを書いた時もGeorge L’sが気にくわなくてMOGAMI 2534に入れ替えていた。
今回も同じ事をしていたのか…。
経験が活かされないというか、記憶力が無いというか orz

Posted from するぷろ for iPhone.


というわけで、ドーンと広告w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください