3月11日を振り返る

2011年3月11日。
何をしていました?

私は仕事をしていました。
会社にいる時に地震。特に被害はなかったけど、帰宅に苦労した程度。
現状がどうなっているのかラジオのニュースか携帯のワンセグTVで知ることしかできず、とにかく家族の元へ必死で帰った。

いや、失言。
この時に必死だったのは被災地の皆さんですね。私のそれしきの事は必死とは言えない。

あの日の事を記憶に残す為に、唯一残っている自分の記録として3月11〜12日のツイートをまとめておきました。

togetter
http://togetter.com/li/271455

見返してみて思い出した。
当日の朝、他の方のツイートで知った地震速報の通知アプリ「ゆれくる」を自分のiPhoneにインストールしていた。
ゆれくるを入れた日に大震災とは、なんという偶然。その偶然が皮肉とも思えるくらいの嫌なタイミング。
そしてもう一つ。
本当に大変になるとツイートなんぞしていられないんだな、と。
iPhoneの電池を節約して維持していたから、そんな無駄な事はできなかったんだ。

話しは変わって。
報道ステーションのスペシャルを見た。
日ごろ日本のTV、新聞の報道は信用ならない、と言いつつ、なぜか今夜はしっかり見てしまった。
何も知りません、見ませんで終わらせてはいけない気がしたから。

そして、報道ステーションの最後に古舘アナウンサーが「原子力村がある。今日は原発の報道ができなかった。私は報道する」という旨の事を宣言した。(正確な発言は忘れてしまいわかりません)
たとえ自分が降板させられても、とも言っていた。

裏を返せば局への圧力があるという事を言ったか。
一瞬、お!?古舘が立ち上がったか?と思ったけど、
そのすぐ後に今はそれすらも信じられない自分がいます。
古舘さん程度のアナウンサーなんて、駒の一つに過ぎないんだろな。
たとえ本人が本当に決意したとしても、企業や政治家のシナリオ通りに動いているんだろうな。
そんな想像をしてしまう。

この一年で一番変わったのは、そういうメディアに対する意識かもしれないな。
くだらんよね。
そんな意識自体が。

頼むから、平和で心配の無い日本に戻してくれ。

2コメント

  1. 日本は平和だよ。
    議員やお役所の方々を見てれば、よくわかる。

    ただ、安全ではないけれど。

    俺も報道ステーション見た。
    古館の言うとおり、処分した牛の映像は流すべきだった。

    原発はなくならないね。
    それで生活してる奴がいる限り。

  2. シモさんへ
    そっか。
    僕には彼らは平和には見えないな。
    有事なのに平和ボケしてる役人達を見て怖いと思う。
    平和って大辞林でひくと「争いや心配事もなく穏やかである・こと」なんだって。
    権力争いと国民には心配事だらけな今の日本の不安定さは、戦争やってる国みたいだなって思っているんだ。

    その昔、南の島々で兵士たちが玉砕しているのに、平気な顔して「心配ない」って言っていた日本軍と重なって見えるんだよ。

    原発が無くなるかはわからない。
    諦めたら間違いなく無くなる事は無いよね。
    僕は原発を作り続けてきた人達=お上に従う奴らと同じになりたくないから、微力でも反対し続けるよ。

    反体制派=ロックだw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください