新しいMUSICMAN Petrucciモデルはボディがバスウッド!?

Dream Theater
Dream Theater Photo by Metalitalia.com

MUSICMANから新しいJohn Petrucciモデルがリリースされるみたい。

JP12
MUSICMAN オフィシャルサイト

スペックを見てビックリ。

ボディがバスウッド!?
今までアルダーだったよね。
思い切り良く変えたなぁ。

バスウッドって安いギターにも使われているから、ついそのイメージで見ちゃうけど、実は結構良い木材らしいですね。
軽いからボディが鳴りやすいとか。
ただ、バスウッドボディで50万円とかしたら、スペック至上主義の日本では売れなさそう。果たしてどうなるかな。

ただ個人的にはバスウッドよりアルダーの方が好きなんで、この仕様変更はちょっと残念。

とは言え、どんな音の変化なのかな?と気にはなります。
興味本位で弾いて聞いてみたい。

※2013.1.25 追記
バスウッドのJP、とても良いです。アルダーボディよりバランスが良い。これはバンドの中で音が作りやすそうです。

ところで。
ペトルーシって、毎年モデルチェンジしてるけど、お気に入りのギターってないのかね?
それともこれってビジネス上の問題なのかな?
メーカー都合で毎年モデルチェンジしなくちゃいけない、とか。

それにしても、ちょっとギターを変え過ぎだよね?

Posted from するぷろ for iPhone.


1コメント

  1. 初代のJohn Petrucci Modelはバスウッドでしたよね。

    BFRになった時にアルダーに代わった記憶があります。

    ただトップにメイプルを使っている辺りは、
    バスウッドの柔らかさをカバーするためには
    良い選択ではないかと思います。

    バスウッドだけだと激しいアーミングを繰り返すと
    ブリッジのスタッド穴がイっちゃうかもしれませんね。
    (それを狙ってのメイプルトップかは定かではありませんが。。。)

    意欲的にピックアップを換えたり、
    エフェクター出してみたり、ギターを換えてみたりと
    「銭銭したいのか、ペトルーシ」
    なんて思ってしまうのは、僕の邪推でしょうか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください