リペアマン直伝!メンテでギターが弾きやすくなる理由 弾きにくい理由

ギターいじり好きな私は、是非とも読みたいと思った本が出ます。

※広告です

早速予約だ。
(3月23日発売予定)以下、本の内容。

“弾きにくい”には理由があった! 症状→原因→対策メンテで劇的に弾きやすく!
大人気『うまへたシリーズ』に、ギター・メインテナンス版が登場です! 「何度やってもチューニングが不安定だ……」「弾いているうちに指先が痛くなるし、何となく弾きにくい……」「チョーキングがやりにくいんだけど……」。こんな症状、ギタリストなら一度は体験したことがあるはず。本書は、そんなギターで起こりうるおもな症状別に原因を探り、対策メンテを実行してくことで、気になる症状を改善することができます。また、初心者でもなるべくできるような内容にしているのもポイント。弾きやすくなれば、もっとギターが楽しくなるはず。本書を活用して“楽しく弾けるギター”にしてください!

【CONTENTS】
■Introduction メインテナンスを始める前に知っておきたいこと
◎弾きやすいギター、弾きにくいギターとは?
◎本書での調整に必要な最低限の工具
◎ギター各部のおもな名称
◎作業をするにあたっての注意

■Chapter 1  チューニング関係の症状
◎何度チューニングをしても不安定……これってどういうこと?
◎弦を正しく巻いているのにチューニングが安定しない……
◎ハイ・ポジション側で弾くと音程がなんか微妙な気がする……
◎アームを使うとチューニングが狂う……どうしたらいいの?

■Chapter 2 “何となく弾きにくい”という症状
◎弾いているうちに指先が痛くなってくるし、腕も何だか疲れる……
◎ネックを調整したけど、まだ弾きにくい……他に原因は?
◎ネック調整は万全、ナットだってバッチリ! でもまだ押さえづらい……
◎調整はバッチリのはず! でも、チョーキングがやりにくい……
◎特定のポジションだけビレちゃうんだけど……

■Chapter 3 サウンド面に起こる症状
◎とにかくハウリングがひどくて演奏どころじゃない!
◎ハウリングとは違うノイズがうるさい!
◎SPECIAL COLUMN ハンダ作業の流れとコツ

■特設コーナー ギター・クリーニングのイロハ
◎プラスチック・パーツ篇
◎メタル・パーツ篇
◎塗装面篇
◎フレット/指板篇

■巻末付録 リペアマンに依頼! 気になる作業費用と納期について

リットーミュージックのサイトから

著者の西村さんには過去にギターのお世話をしていただいた事があって、その時にとても良く対応していただいたんです。
今は場所が遠いので依頼する事はありませんが、もし近かったらお願いしたいリペアマンさんですね。

繰り返しになるけど、本当にこの本は本当に楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください