ダンプの運転手が熱く歌う Evans Blue (後半は真面目です)

Evans Blue SG1S3257
Evans Blue SG1S3257 Photo by jimmyE photography

iTunes Storeがお勧めしてきたので、聞いてみた Evans Blue 。
全く知らないバンドだったんですが、ちょっと気になったので聞いてみた。
おお、お勧めされただけある。確かに私が好きなゴツイ男臭いロック。
いいじゃんいいじゃん、と思って、どんな奴らか見てみたくなった。

そんな時は YouTube 。
早速見てみたら…

おいおい。
どう見てもダンプを運転しているおっさんと、刑務所に服役中の犯罪者達だろ!

OFFICIAL MUSIC VIDEO: Erase My Scars


見た目だけなら監獄ロック…

でも、ちょっと待った!
この動画の最後に気になるシーンが…

For Chase Franklin
Sept 29 1995 – Sept 10 2004
www.keepingchase.com

そして子どもの写真。
どう見ても、この子が亡くなった事を伝えている…。

www.keepingchase.comと記載されているサイトを見てみたら、Keeping Chase FoundationというFacebookページ。
癌で苦しむ子どもと家族の為の活動をする財団のサイトだった。
このEvans Blueも中心メンバーとして活動している様子。
どう見ても善人には見えないメンバー達だったけど、すごい世の為・人の為に活動している。
人を見た目で判断しちゃダメですね。すみませんでした。

そう言えば、先の動画の中に子どもが何回か出てきていたな。
後半で獣のような被り物をした人が出てきて子どもがばったりと倒れたシーンがあった。
あれは…。

英語のWikiを読んでみると、ボーカルのDan Chandlerの甥Chase Franklinが脳腫瘍で亡くなり、その彼に捧げるビデオとなったようだ。
そして前述の財団が設立された、と。

うーん、そうだったのか。思った以上に深い(重い)。
前半の軽々しいダンプのおっさんイメージが、急に重々しいイメージに変わった。
決して軽々しい意味ではなく、やはり心に残る音楽って言うのは作者の魂ががっつりと伝わってきているんだな、と深く深く感じたよ。

Chase Franklinさんに哀悼の意を捧げます。
そして、財団の活躍と一人でも多くの子どもが苦しい病気から救われる事を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください