ギターの買取値段で思った最近の店の冷たさ

Petrucci...God
Petrucci…God Photo by Lndrx

楽器屋に楽器を売った事のある人はわかると思うけど、中古の楽器って驚くほど安値で買い叩かれる事がよくある。
よくあると言うより、殆どと言った方がいいかな。
楽器屋も商売だから仕方がないんでしょうけど、売りに出す方としたら気持ちよくはない話し。
どれだけ儲けたいの?Are you hungry?と言いたくなる。(英語はてきとー)

ネットを漁るとその辺の話は幾らでも出てくるし、それは商売だから仕方なしという意見も多い。
それに文句があるならYahoo! Auctionで個人売買をして売りさばけ、と。

そんなもんかなぁ。

新品の楽器が全然売れないって話を大手楽器店の店員から聞いた事がある。
中古ばかり売れる、と。
なるほど、新品より値ごろ感もあるし、新品が欲しいけど手が出ない人には魅力的な中古楽器。
若い人もお金を使わなくなった昨今、中古楽器が売れるのはわかる気もする。

つまり、中古楽器って売れ線なんだね。
売れるのは安くする必要はないし、儲けるに越した事はない。
安くしなくても新品よりは安いから問題なし。

どの楽器屋も横一線に並ぶ様な買取基準があって、どこの楽器屋も同じ値段なのも気になる。
大手の店になればなる程、ルール通りの儲け主義。
気持ち良く売り買いしてもらう、って意識は皆無の様だね。

結構、そこで買い物してきたけど、いざ中古を買い取ってもらったら「え?」って値段。
数日後に売りに出ている値段を見たら、またまた「え?」って値段。
買った価格の8倍は無いだろ。

もうそこで買い物をしない事にした。

繰り返すけど、商売だから利益追求はわかる。
でも、損して得取れという言葉も大事だと思うんだよな。

この話しは中古楽器に限らず、なんだよね。
今の色々な店ってルールに乗っ取って杓子定規に営業している所が多いんじゃない?
人と人がやり取りして、気持ち良く買い物して、気持ち良く売って。そんな店は少ないよな。

そんな訳で、最近はチェーン店が嫌いになってきた。
年寄りになった証拠かな。

ペトルーシ(写真のギタリスト)も嘆いてるよ。(違う)

Posted from するぷろ for iPhone.

4コメント

  1. mekkさん、ご無沙汰しております。うっきーです。
    買い取り、下取り額聞くと悲しくなりますよね。
    でもIが頭文字の某有名2楽器店ではかなり違いますね。
    私も中古を良く買いますが、それは安いからではなく、弾き込まれていた方がギターが鳴るからです。

    話は変わりますが、私、ギターとか楽器のレンタル屋って有ってもいいと思うんです。
    買ったギターが弾き込んでいくうちに、何となく自分が求めてない音だったって事ありませんか?
    そんなリスクを減らすために、まずギターをレンタルすると。で、しばらく使って、気に入らなければ返却し、使用分(傷等)の対価を支払う。気に入ったら本体分全部支払い買い取ると。お試し期間を作るという感じですね。
    レンタル楽器屋にも使用分の対価、気に入って売れたら本体分が全額入ると。レンタルだからグルグル楽器をまわして使用分を徴収できると。
    でもちょっと、ユーザー寄り過ぎですかねw。
    レンタル楽器屋のリスクとしては、レンタルした人間がギターを大きく傷つけた、壊した時に支払い能力がないとレンタル楽器屋に損失が回るという所ですね。
    おっ!レンタルする前に保証人を付けるとかどうでしょうw
    そんなサービス有ってもいいと思いますねぇ

  2. うっきーさん。お久しぶりです!
    このブログ、まだ見ていてくれたと知って嬉しく思います。

    頭文字Iの楽器店、大きく違いますね。
    片方はまだ楽器屋という気持ちが残っていると思います。

    中古ギターが鳴るってのはわかります。
    僕も中古で「お、これ良いな!」ってのに何回も出会いました。
    安価なギターでも結構よくなっているのもあって面白かったなぁ、と覚えています。

    レンタルギターは面白い発想ですね!
    書かれているような需要はきっとあると思いますし、僕自身も借りれるなら借りてみたいギターがたくさんあります。
    真剣に考えた事はないけど、できない理由は金額じゃないですかね。
    ギターの仕入れと貸出料金、気に入った時の販売価格、これらのバランスが取れるかどうか、ですかねぇ。
    計算してみていけそうだったら開業しますかね!?w

  3. どもどもです。
    ブログ見てますよ〜。RSSで更新されたのが分かるのでw
    ギターのレンタルの案、むか〜し、とある楽器屋の店長さんに提案したんですけど、「いやー、難しいっす」と一言、終わり!w。頭固い…と思いましたw
    ニーズは有ると思うし、面白いアイデアだと思うんですよね。
    確かに価格設定等難しそうですね。
    最初は、社員が持っているギターをレンタルするのみという事でどうでしょう?
    ・ギターは有名メーカー、ハイエンド系、高額のミュージシャンモデル等で。
    ・レンタルして利益が上がれば、ギターを仕入れて、販売も始めると。
    ・あとは、メーカー、代理店と組んで何か出来そうな気がしますねえ。プロトタイプの評価をする形で安価に仕入れるとか。
    商才が有ればやってみたいですねぇw
    あとは自分のギターがボロボロにならないようにw。箔がつくかも?w

  4. 実際に楽器屋をやっていると現実を知っているから難しいのかもしれませんねw

    ちょっと真剣に返事しちゃうけど。

    やっぱりネックはお金だと思います。
    ずばり、うっきーさんならハイエンドギターを幾らでレンタルします?
    PRSとかSuhrとか、なんでもいいです。ご自身が弾いてみたいと思う高級ギター。

    レンタル期間は1週間、1ヶ月、3ヶ月?とわからないのですが、僕は正直そんなに出さないと思うんですよ。
    1万円…うーん、3ヶ月でも出さないかな。
    となると、40万円くらいのPRSを仕入れて元を取るのにいったい何人に貸せばいいだ!?
    3ヶ月で1万円として、
    120ヶ月で40万円。
    隙もなく貸し続けて10年。
    途中で故障は無し前提。

    とまあ、本気で計算すると相当難しいっすねぇぇ。
    ここ、なんとかする方法があれば行けるんだけどなぁ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください