節目2

PhoTones Works #025
Creative Commons License photo credit: PhoTones_TAKUMA

(以前、中途半端に書き終わっていた記事の続きです)

会社を立ち上げました。
5月20日に登記をして設立。もちろん私が代表です。

立ち上げまで色々とあったのですが風呂猫スタジオの板東さん達にお世話になり無事に設立にこぎ着けました。
感謝してもしきれないので、これは成功して恩を返すしかないな、と。
これは今の私の大きなモチベーションの一つにもなっています。
改めて、ありがとうございます。

また登記の際にはエース合同司法書士事務所の荒谷先生にも色々と助けていただいて、こちらも感謝しております。
ここで記載させていただいて一つでもお仕事が産まれれば…と淡い期待をしております(笑)
いやいや、もちろんちゃんと感謝しております。
いつの日か会社が上場する(!?)、お仕事をバンバンお渡しできれば…と思っています。

(夢は大きい方がいい!?)

会社名は「風呂猫Do株式会社」(フロネコドー or フロネコドゥ)と言います。
まあ読み難い事この上ない。

役所や銀行に行く度に、窓口の方が私を呼ぼうとすると「ふろねこど…どぅ、どー…(モジモジ)さま」と読みあぐねています。
ちょっとそれを楽しみつつ、いつか地元の取引する方々には覚えてもらえる位にならんとなぁ、などども思っています。

会社を立ち上げて思いました。
大変ですがこれが仕事をするって事なんだな、と。
今までどれだけ仕事とは言えない仕事に振り回されてきた事か。
雑用とかの事じゃありません。雑用なら今の方が多い。会社で働いていた時は雑用以外に「やらなくてもいい事」がもっとたくさんあって、それに時間も心も消耗させられていた、と言う事に気がつきました。
繰り返しますが、今の方が本当に小さい雑用も多いし何かするにしても時間がかかりますよ。
でも、それ以上に消耗する事が多々あった。
薄々気がついてはいましたが、こうやって外に出て「その部分」の負担の大きさに驚いています。

前の会社が良い悪いではありません。
これが普通の日本の職場ってやつなんだと思いました。

残念ですがその環境では私が思う良い仕事はできません。
あくまでも「私が思う」です。私が思う良い仕事は良い仕事と思わない方もいらっしゃるので、必ずしも会社に合う考え方じゃありません。
ただ、私が思う良い仕事はできない、という思いは本心。

じゃあ、その良い仕事ってのが本物かどうか。
それはこれから判るんですよね。
そう。それが判るっていうのも良い仕事をする為に必要な環境です。

思うんです。
世の中、責任も負わずにあやふやで上手くやっていれば良いって輩が多過ぎる、と。
責任回避が第一、みたいな風潮ね。
博打をしろって言うじゃありませんよ。
ちゃんと仕事しようぜ!って事です。

失敗なんかしたくはないですよ。
でも、
それを避けてばかりじゃ何も出来ないんだよね。

唐突だけど、なんで日本人がテニスのウィンブルドンで優勝できないか知ってますか?
簡単なんです。
目標がベスト16とか予選突破とか言っているからなんです。
外国の選手たちは世界ランク100何十位なんて選手でも優勝目指して参戦ですよ。その中にベスト16目指した選手が突撃しても木っ端みじんでしょう。

嘘じゃありませんよ。
日本代表のサッカーを見てください。
前回の2010年南アフリカ大会。本田を始めとする日本の選手たちはWカップで明らかに「優勝」を目指していた。
そして結果はベスト16です。
これ私はすごく驚きました。
日本は1回も勝てないと思っていたから。私だけじゃない。多くのサッカーファンがそう思っていた。
ベスト16に進出が決まった時は心の中で日本代表選手と岡田監督に土下座ですよ。
ベスト16で敗退した試合もPKでの敗退ですからね。
PKは運の影響が強い。もちろん運も実力のうちだし、PKを外したのはメンタル面の弱さとか色々あるだろうけど。勝ってもおかしくない試合をしたのは事実。
志が結果を導くんですよね。

日本人の本気の出せない社会には嫌気が差しています。
別に暴走しようって訳じゃないですよ。
でも右へ倣えの社会で良い物を作れないのはゴメンナサイ、嫌です。
人として義を考えながら、良い物を世に出す、そんな仕事をできる環境を手に入れたのかもしれません。
もちろん、社会に順応する心もちゃんと持っていますけど、ね(笑)

最後に。
書いている文体が今までにないくらい気持ち悪い口調に見えるんだけど、これはまだこの立場に慣れていないので試行錯誤している、と思ってください。
今までのように傍若無人な態度でブログも書いてる場合じゃないな、と思っているので(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください