30年分のギターマガジンの表紙

Guiter
Guiter Photo by Pearl Zadora

先日、リットーミュージックで電子書籍が無い話をしましたが、そこで唯一あったフリーペーパー「RandoM Vol.14」電子版にひとつ面白い特集がありました。

「ギター・マガジン・カバー・ヒストリー」という特集で1980年の創刊号から最新号までの表紙が全て乗ってます。
小さいサムネール画像だけですが、見ていると懐かしい表紙がたくさんあって飽きません。

うちのは結構処分しちゃったので、今となってはここでしか見られない表紙もたくさん。こうやって改めて見ると、今頃になって処分するんじゃなかったと惜しく思われます。

データが重くiPadで開くのは大変なのですが、一見の価値はあったな。
ギターマガジンを読んでいた方はぜひご覧あそばせ。
RandoM Vol.14

ブログ村のランキングに参加しています。
もし気に入っていただけたらクリックしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

2コメント

  1. こんにちは。

    表紙だけとはいえ、30年分は圧巻ですねぇ。。。

    僕は昔ベーシストだったので、
    実家にたぶん95年からだったと思うのですが、
    4年分くらいのベースマガジンがストックされています。
    あの「薄くて高い」で有名(?)なベースマガジンでも
    たかだか4年分でひどくかさ張っているので、
    30年分のギターマガジンが本当に手元にあったら
    どんな事になるのやら。。。

    ただ久し振りに読んでみると昔の機材が面白かったり、
    今は亡きミュージシャンの記事もちらほらあるので、
    懐かしい気持ちになります。

    しかしギターマガジンは
    そんなに歴史のある雑誌だったんですねぇ。。。
    しみじみ。

    1. そうなんです。
      30年。
      1980年代なんて今じゃ大昔。
      そんなに長く続いているんですね。

      僕も残っている古いギターマガジンは偶にめくって眺めてます。
      読んだはずの記事も今になれば新鮮に思えたりして、面白いですよね。

      ベースマガジンの薄さについてはノーコメントですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください