またTriaxisの真空管がヘタった…

MESA BOOGIEのTriaxis。
また真空管がヘタった(-.-)

Triaxisにはプリ管が5本入っていて、それぞれ違うモード&エフェクトループで使われている。(なぜエフェクトループで真空管を使うのか、仕組みはよくわからない)
その5本の中で、今回は”リズム1″ってモード用の真空管がヘタってしまい、ノイズが出始めた。

毎回違う真空管が交代でヘタってるから、交換時期が短期間のように思えても実は1本1本の寿命は普通。交換タイミングとしては異常無いと思うんだけど、どうなんだろう?
とは言え、真空管が¥2,500/1本位するから、安くはないね。
家に在庫あったかなぁ…。

ふっと思ったんだけど、複数本の蛍光灯を使っている家庭用の電灯みたいに全部一度に変えなきゃいけない、なんて事はないよな?(蛍光灯は新旧混ぜて使うと、寿命が短くなるから交換は全部一度にやる必要があるそうです)
以前、真空管の交換ついでにどこか不具合が無いか楽器屋経由で日本代理店(神田商会)にチェックとリペアをお願いしたことがある。
その時に真空管を2本だけ交換されて戻ってきたから、全部一時に交換しなくて良いもんだと思い込んでいたんだけど。
アンプのそういう事って調べた事がなかったな。

こりゃ時間をみて調べてみますかね(^^ゞ

2コメント

  1. ありゃま、どれくらいの期間で壊れましたか?
    でもまあ、物はいつかは必ず壊れますよね…。Triaxisもビンテージの仲間入りですね。

  2. えでぃさん
    前回、神田商会にメンテナンスをお願いしたのは去年の7月でしたから、約10ヶ月振りです。
    ただ、その時はリード用のモードの真空管でした。
    今回は違う真空管なので、真空管1本1本の寿命はもっと長いと思います。

    > Triaxisもビンテージ
    確かに!
    これも古い部類に入る世代のアンプですねー(笑)
    まあ、聞くところによれば、使い方にもよるけど真空管は1年位で変える人は変えるそうですから、案外普通なのかも?とも思っています。手がかかるが普通…と(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください