Dreams Come True 2009

行ってきました。
今年最初の(プロミュージシャン)のライブ。
“Dreams Come True” 2009ツアー
場所は埼玉スーパーアリーナ。今回のツアーで初の関東地区開催のライブ。
それだけで、勝手に観客はヒートアップ(笑)

うちのかみさんに連れられて、ドリカムのライブに行くのは毎年恒例。
ライブの域を越えるエンターテイメント性の高いショーを見せてくれるから、毎年非常に楽しみにしているライブ。
もちろん演出のみならず、演奏もかなりのもので、見て・聞いて、両方から楽しめるのがドリカムのスゴいところだと思ってます。

ロックとはかけ離れた音楽だけど。
これももちろんありでしょう。

さて、ここからはネタバレになるから、知りたく無い方はご遠慮ください(苦笑)


埼玉スーパーアリーナには初めて行ったんだけど、気持ちいい会場だね。
人の流れがスムーズで、普通ならどこかで一度は行列に並ぶはめになるのが、今回は一度も並ぶことなく入場から買い物、退場までスイスイと歩いていけた。

ただ、残念なことに肝心の演奏、音響は良くなかった。
今まで何回か違うツアーでライブを見てきたけれど、そのどれもが演奏力の高さ、個々のミュージシャンの技量の高さ、楽曲、アレンジのレベルの高さを見せつけてくれていた。
でも、今回のライブはなんかおかしい。

演奏自体は相変わらず上手い。
曲だって別に今まで通り。
でもなんか、まとまりが感じられない…。
ツアー初日ならまだ言い訳できるかも知れないけど、今回は地方をたくさん回ってきてからの関東圏入りだから、慣れてないはずがない。(実際にツアー初日のライブも見たこと、こんなことは無かった)

音がガチャガチャしていて、何をやっているかわからないシーンが続出。
なんだこれ?(汗)

色々な理由はありそうだけど、今までとは大きく違う点があった。
それは、
バックバンドのメンバー。

今までどのツアーでもバックにベテランのミュージシャンを従えて最高のライブをしてきた。
それが今回は、見慣れたベテランの姿は半分ほど。
DrとGtは若手バンドのファジーコントロールと言うバンドのメンバー。
ドラマーはとても若い女性でビックリ。
二人とも間違いなく20代前半。
なんと途中でドラムソロの時間をもらえるほど技術はしっかりしている。
ギタリストも今まで以上にロックらしいギターソロや音を聞かせてくれている。
演奏ももちろん間違いなくしっかりやっている。

でも、
なんか浮いている。

とても上手くて演奏にはなにも問題は無いのに。それどころかドラムのスガワラサトコさんは、2バスで女性なんて微塵も感じさせない叩きっ振り。ドラムソロは正直カッコよかった。

でも、ドリカムに馴染んでいない。

若さか経験の少なさなのかわからないけど、百戦錬磨のスタジオミュージシャン達は限られた時間でそこまでを合わせられるのが思っている以上に凄いことなんだと、深く深く実感。

それ以外にも、モニターの調子が悪く吉田美和さんのが歌いにくくしているのは判っちゃうし、演奏の大きなミスが数回ばれちゃってるし…。
とてもこれがドリカムとは思えないライブパフォーマンスだった。

折しも20th記念ツアーだというのに。
毎回毎回、念には念を入れるような仕上がりでライブパフォーマンスを見せてくれたドリカムが、なぜ?

と、うんちくを書くといつも通り長くなるので、今日はここまで(笑)

次回パート2に続く。
(えっ!?続けるのか!?(汗))

2コメント

  1. ドリカム、オレも好きなんです
    やっぱ本当のプロだな~。と思えるし
    吉田美和のソロアルバムも最高だし
    デヴィット・T・ウォーカーのギターとの絡みなんか最高だったんだけど・・・

  2. indigo5160さん
    indigoさんもドリカムを聞く方でしたか。
    ここの読者に仲間がいてホッとしました(^^)

    吉田美和のソロはうちのかみさんのフェイバリットです。ドリカムより良いとかいってます(笑)
    デビ爺(デヴィッド・T・ウォーカー)をゲストに迎えた時は、本当に良かったですね。
    実は昨年末にドリカムの冬イベントがあって、そこで生デビ爺の演奏を堪能してきました。

    indigoさんが仰るとおりプロフェッショナルなドリカムだから、また別の形で良い音楽を聞かせてくれると信じてます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください