レコーディング用のギターの音作り

バンドでレコーディングをしている最中なのは以前書いた通り。
思っている以上に難しいのも、よ〜くわかった(笑)

リズム(Dr)トラックしか録れていなく、これからギターやボーカルを本格的に入れる。
前回のスタジオでは、ギターは仮録りだったのでね。

実はギターの本番録音前にエンジニアさんとは、念入りに打ち合わせをしようと思っている。


というのは、スタジオで仮録りと言えど、アンプは持ち込み音色もエンジニアさんの指示で簡単に作った。
GAINをかなり下げ、ハイ〜プレゼンスを上げ気味に。
ベースはカット気味。

抜けの良さと、強弱のニュアンスがでる心地良いドライブサウンド。
分離も良く、他のパートともハッキリと別れて聞こえる。
さすがプロだ。
演奏の荒もしっかり聞き取れる、厳しい音色を指示された(苦笑)

さて。
家に帰ってミックスしていない録音しっぱなしの音源を確認した。
ミックスしてないから当たり前なんだけど、ちょっと違和感が…。
なんだう?
確認の為に、スタジオで作ったセッティングそのままでギターを鳴らしてみる。
スピーカーキャビネットは違うけど、スタジオで聞いた音から予想通りの音がしてくる。

スッキリしたドライブサウンド。
スッキリ…。
うーん。

思わず、Tスクエアの”あの名曲”のフレーズを弾いてしまった(爆)

つまりは、そういう音!?

ちょっと聞き易すぎるのかな?

ここで考える。
ハードロック〜メタル系のギターってば、どういう音作りをしてるんだろ?
歪みを増して低音域上げれば”それっぽい音”はできるけど、そうすると抜けの悪さを嫌われてNGが出る。
だからって更にプレゼンス上げるのか?
いやいや。
GAINを上げると嫌がられるから、トーンでいじっても解決しなさそう。
でも、軽めのGAINだとハイゲインのチューブアンプをフルドライブさせた”あの”コンプレッション感が出ない。

レコーディングマジックかと思いプロのCDのギターを耳を済ませて聞いてみると、チューブアンプらしい音色が出ている。

むむむ。
こりゃ難しい。

どこかに妥協点があるのか?
この音色がミキシングマジック?でチューブアンプらしくなるのか?

わからーん(*゜▽゜ノノ゛☆

プロに話しを聞けるチャンスは滅多にないからな〜。
この辺りは、よ〜く聞いておこう(*^-^)b

しかし…
それはお前のプレイ次第だって言われたらどうしよう(滝汗)

2コメント

  1. 参考になるか解りませんが、
    私は、アンプのEQでいじっちゃうと、
    美味しいところまで持っていかれたりするんで、
    オケに対してヌケるサウンドを作るときは、
    ミックスの段階で結構スカスカな音にしてます。

    役割分担というほど、大げさなことをやってるわけじゃないですが、
    ロー域はベース/バスドラに任せて、
    それらの音と重なってはじめて
    ベストなサウンドになるようなバランスで作ってます。

    バンドの中で聞いて良いと感じるギターサウンドと、
    ギターリストが弾いてて良いと感じるギターサウンドって、
    違うように思うんですが、この辺は難しいですよねぇ。

    ギターリストである以上、どうしても客観的に聞けませんし。

    私もいつも苦戦してます。orz

  2. > しまさん
    おっしゃる通りだと思います。
    ギタリストが主観的に聞いて好きな音と、レコーディングで必要な良い音は待ったく別なんですね。
    楽曲ありきでバランスの良い音作りをできるよう目指していますが、僕も同様に客観的に聞けなくて…。

    誰か自分以外の、ロック系ギタリストの録音に立ち会って音を聞いてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください