MUSICMAN John Petrucci 6 ボリュームポット

ペトルーシモデルのボリュームにガリが出ていた。
接点復活剤を中に吹いてクルクル回してみたがガリが取れない。
うーん、
こりゃポットがNGな感じ。

MUSICMANの純正ボリュームポットを取り寄せてもいいんだけど、噂だと時間が相当かかるらしい。
純正っていっても、どこか他のメーカー製だろ?
ということで、ボリュームポットを買ってきて自身で交換することに。

アメリカ生まれのギターだからCTSが良いかな、と分かるような分からないような理屈でCTSのポットにすることにした。


前にもどこかで書いたけど、これは配線がきれいにしてあって良いね。
丁寧な仕事してるわ。

で、ボリュームのノブを取ろうと思ったら取れない。
あれ?
引いてもびくともしない。
クロスを巻いて引いても抜ける気配がない。
こりゃ固定されてるな。

でも固定しているネジは見当たらないし?
と、しばらく思いあぐねていたら。
見つけた!

JP6 ボリュームノブ1

JP6 ボリュームノブ2

JP6 ボリュームノブ3

滑り止めのゴムの中に隠れてた。
そんなの常識!って言われそうだけど…マジでわからなかった(苦笑)

ノブを外して、きれいな配線を汚くしないように丁寧に作業を…
いつもの倍くらい時間をかけて丁寧に丁寧に…
こんなにきれいに作業したのは初めて(苦笑)

JP6 キャビティ内

無事にボリュームのガリもなくなり、不具合無し。
うーん。素晴らしい。
満足(^-^)

ちなみに、この作業に託けて、
おまけの作業も追加でやったんだけどね。
それはまた後ほど。

2コメント

  1. CTSのポッドって、
    気持ち、音が明るくなるような気がしません?
    (ブラシーボかもしれせんが。)

    先日は、コメントありがとうございました。
    また、遊びにきますね。(^^)

  2. > しまさん

    このペトルーシモデルに関しては、もともとのポットが国産じゃ無いので、それほど差異は感じなかったんですよ。

    ただ国産のポットと付け替えると、違いがわかりますね。
    一度、別のギターについていたポットが調子悪くてCTSから国産にしたのですが、気に入らなくて程無くCTSに付け替えました。

    リペアショップの方も、性能は国産の方が良いんですけどね…(以下略(笑))
    と言っていました。

    プラシーボじゃないと思います(^^)

Mekk へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください