チューニングにこだわる

[ギター] ブログ村キーワード
ギターのチューニング。
昔から謎に思う事があった。

チューナーを使わずにチューニングする時の定番が…

音叉で5弦を合わせる。
その後、各弦の5フレットと7フレットのハーモニクスでチューニングしていく。

って方法じゃないかな。

ギターを弾かない人も、チューニングする時にやたらと甲高い音で音程を取っているのを聞いた事あるのでは?

ギターの教則本にも載っている方法なんだけどね。
私も初心者の時はこれで合わせてた。

それがいつからから、この方法だとチューニングが合わなくなってきた。
あれ?
と思って真剣にやればやるほど、コードが不協和音になる。
おかしい…。
初心者の頃はできて、なんで出来なくなるんだ?私の耳ってそんなに音痴になのか?(冷汗)
とビビったが、今になってやっと理由がわかった。


結論から言うと、前述のハーモニクスで合わせるチューニングでは、ギターのチューニングは合わないという事。

えっ!?
なにそれ???( ̄口 ̄)

驚いたでしょう?
私も驚いた(爆)

ギターは構造上、完璧にチューニングを合わせることができないのは知っていたんだくど、みんなが知っているこのチューニング方法は、その許容範囲を超えるくらい音程がズレる。

理由は書くと長くなるから簡単に。

7Fのハーモニクスは綺麗に聞こえるけど、これは自然倍音ってやつらしく、音楽的に言うと“純正律”の音が出るんだって。
ところがギターは“平均律”という考え方で作られている。

この“〜律”ってのは、大雑把に言うと、音をどうやって各音程に区切るかの考え方らしいんだけど。
この“純正律”の音を聞いて“平均律”のチューニングをしようとするのが間違ってるということ。

5弦のAを合わせ、5Fと7Fのハーモニクスを使い4弦を合わせる。
すると4弦は音が僅かに低くなる。
その調子で高い音の方の弦を合わせていくと、ズレが積み重なり、1弦はフラット気味。
全体も少しずつハズれたチューニングがされてしまい、コードは気持ち悪くなる。

初心者の頃にチューニングできていたのは、チューニングできていたんじゃなくて、音が狂っているのに気がつかなかっただけ(^_^;)
次第に耳が鍛えられて、ちゃんとチューニングができていないのに気がついていたと言うこと。

ハーモニクスで大体のところまで合わせて、和音を出しながら調節したり、他の方法で合わせるのが良いみたい。
他の方法ってのも色々あるみたい。
私も詳しくないので、ただいま勉強中です(爆)

皆さんも経験ない?
ハーモニクスでチューニング合わせたら、バンドの中で一人音を外していた事?
これが理由の一つかもしれないね。

1コメント

  1. こんにちは。
    私も最近はハーモニクスでのチューニングはやってないですねえ。
    最初に大体のチューニングのためにハーモニクスは使ってますが、最終的には5弦と4弦の和音、4弦と3弦の和音などで耳でチューニングやってます。
    楽器屋で試奏するときに店員がチューナーでチューニングしてからギターを渡されますが、ほとんどがずれてますもんねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください