16beatカッティングとデビッド・T・ウォーカー

David T Walker / FOR ALL TIME (ニューアルバム買えた♪ 早く聞きたいー!))
David T Walker / FOR ALL TIME (ニューアルバム買えた♪ 早く聞きたいー!)) Photo by Mekkjp

日曜日の話だけど、

いつもと気分を変えてDREAMS COME TRUEの曲を弾いてみた。
曲は”FUNKA-MONSTER”。
DREAMS COME TRUE : DCTgarden.com で視聴できます。
DCTgarden 画面左にあるalbumにあるthe Monsterに収録

いつも思うけど、Jポップってプレイヤーの演奏技術が高い。
正確には”ロックばっかりやってる私には難しい”…とも言う(笑)


曲調はジャズ、ファンク&Jポップ?とでもいうのかな。
みんなが知ってるDREAMS COME TRUEの女の子女の子した曲とは違って、かなり遊び心?のある曲。

ギターのバッキングは隠し味程度のちょっとしたフレーズと、サビの16ビートカッティング。
日本のスタジオミュージシャンの方が弾いていると思われる。
なんとか”なんちゃってカッティング”で似た感じには弾けるが、どうも演奏、音色ともに切れが悪い(苦笑)
慣れない演奏だなぁ。

そしてギターソロ。
ギターの音色が若干変わり、おやおや?
なんかオーソドックスながら、ちょっとタイム感が違う洒落たフレーズ…。

そうなんです。
このギターソロ…

デビット・T・ウォーカーなんです!

かっこいー♪
一聴すると簡単そうなんだけど、弾けね~(涙)
渋いギタープレイに脱帽です。

デビット・T・ウォーカーについて詳しい「ueb」

16ビートも弾けないし、渋いギターも弾けないし。
ああ、私のギターってヘナチョコだわなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください