BELDEN9778 ギター用シールド

ギター用のシールドは色々あって、選ぶのも一苦労。
あれこれ試して行き着いたのはBELDENというメーカーの9778。

理由は簡単。
マイケル・ランドゥが使っているから(*^-^)b(笑)

と言うのは、半分冗談(半分!?)

ぶっちゃけ、シールドなんて買って使ってみないとわからない。
メーカーや雑誌の記事、使っている人のブログとかで”なんとなく”の雰囲気はつかめても、自分の機材で自分の耳を使って確認しないと良し悪しなんて判断できない。
だから、長年あれこれと買って試しての繰り返しで行き着いたのがBELDENの9778という訳。


BELDENの9778の音色。
私の感覚では、ハイが程良く抑えられて中音域が前に出てくる感じ
ギターを歪ませると気持ち良いポイントが出てくるので、オーバードライブ~ディストーションと幅広く歪んだ音が似合うと思う。
ミッドがまとまったとでも言うのかな。
使っている皆さんの声をブログとかで見ても、言い方は異なるけれど概ねそんな雰囲気だと書いてある。

その9778。
クリアートーンだとどうかというと、ハイが抑えられているおかげで少しばかり甘いトーンになる。
人によっては抜けが悪いとも言われるかもしれないけど、そこまで言うほどこもった音じゃない。
ちょっと煌びやかさが無いかな。

HIBINOのページで各モデルの説明があるので、ちょっと抜粋。

立ち上がりの早いシャープなサウンドが特徴。減衰しがちな高域も原音のきらめきそのままに出力します。明るく爽やかな音色はカッティングやアコースティック・ギターにマッチします。

そんなに爽やかな感じはしなかったけどな(苦笑)


ベルデン ギター、ベースシールドBELDEN ♯9778G S /S 3m

8412も使った事がある。
こちらはオーディオ用でも使われている太いシールド。
レンジが広くて、9778より高品質だぞ!って主張した音?(笑)
ハイからローまで音が出ている感じで、歪ませると倍音まで歪んだ音がする。
9778よりはっきりした感じかな。
クリアートーンもハイからローまで出ているので、煌びやかさも感じられる。

同じくHIBINOのページの解説だと…

太く輪郭のある中低域とブリリアントな高域が特徴。広い再生帯域を獲得しながらもハイファイ的な嫌みがなく気持ちの良い粗さを持っています。量感のあるその音は圧倒的な存在感を放ちます。

粗さはあんまり感じなかったな。
パワーのある感じはするね。


ベルデン ギター、ベースシールドBELDEN ♯8412G S /S 3m

他に定番として9395っていうのもあるんだけど、それはまた今度試してみようかと思ってる。

ベルデン ギター、ベースシールドBELDEN ♯9778G S /S 3m

シールドの聴き比べ。
結構面白いよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください