音楽理論

白状しますが…

私は音楽理論がてんで駄目です。

過去に独学で勉強したり人に教えてもらったりとかじったことはあるんだけど、どうにも続かずろくな知識もなくここまで来てしまった。
以前も「オヤジミュージシャン」と言う記事で理論について書いたけど、やっぱり理論は大切だと痛感した。

なんのことはない。

音楽理論というと理屈っぽい感じがして、「音楽は理屈じゃねー」なんて意味不明な拒否をしたくなるんだけど(笑)

音楽理論は、ただの共通言語なんだね。

日本人の日本語よりも幅広い。
万国共通の言語。

アメリカ人とロシア人と中国人と日本人が楽器を持ち寄ってセッションをしたとしよう。
言葉は通じないでもベーシックなコード進行なら意思疎通できて、それなりに楽しめるはず。
ちょっとぐらい難しい構成にしても、簡単な確認をし合えば曲として演奏できるはず。

音楽を語り合う言葉なんだね~。

 

で、
それがわからない私は。
そんな場にいても語りあえなかった。

パーフェクトな理論は確かに必要ないかもしれないけど、片言(かたこと)ぐらいは話せないとだな~と痛感した訳です。

幸いなことに、我が家には音楽理論のテキストはたくさんあるので(爆)
勉強を再開しようと思った次第。

3日坊主にならんように頑張らねば…(-_-;)

朝日
我が家のベランダから見た朝日。BGMは朝日の洗礼 by ドリカムで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください