音作りで見つけた面白い発見

先日のスタジオ練習は荷物を減らす為に最低限の機材しか持っていかなかったんだけど、その最小セットでなかなか面白い発見があった。

持っていったギターはいつものTyler。
アンプ替わりにMESA BOOGIEのTWIN PEDAL。
ブースターにxoticのBB Preamp。

Tyler→BB Preamp→TWIN PEDAL→スタジオのアンプ(マーシャル)のセンド/リターンのリターンに入れる感じ。

たまたま今回のスタジオはメンバーが所要で遅れたので、一人で音出しする時間があった。
そこで少しばかりセッティングの変更をしたんだけど、それが良かったんだよ。

いつもTWIN PEDALのGAINは1時位にしている。
それでも結構歪むから十分なんだけど、そこにBB Preampをブースターで挟むと音の太さが付く感じだけど、今ひとつザラザラした感じだった。

サスティンと引き換えにノイズを貰っているような…。
クリアトーン+BB Preampみたいな気持ちよさが無かったんだよ。

そこでTWIN PEDALのGAINを11時位まで下げた。
スタジオのスピーカーキャビネットもマーシャルらしくきらびやかで硬質な感じだからトーンの高音域(トレブル、プレゼンス)もフラット気味にして足りなかったらちょっとプラスする感じに。

いつものギターの音と比べたら、かなりブルージーな感じ。
でも、案外これも音のメリハリがあって良い。これ位だと音のアタックが感じられるね。

この音にBB Preamp。

これが結構良いの。

歪んでいるのにクリアな感じがして、最初のセッティングのざらつきが無いんだよ。
サスティンも十分だし。
チョーキングして音を伸ばした時、耳に気持ちいいんだよね。
ギター鳴ってます!みたいな。
いや、元々音は鳴ってるんだけど、腹から鳴るような感じ(笑)

不思議な事に、音色が変わるとギターも変わったような錯覚まで感じた。
私だけの変な感覚だと思うんだけど、指と弦と音がしっかりつながってリンクした感じ。シンクロしたって言えば良いのかな?

ピッキングの強弱やチョーキングの音の揺れが自分の頭の中の音と同じになったんだろうね。

いや〜。
こういう時って偶にあるけど、ギター弾くのが楽しいんだわ。

ひとしきり楽しんだあたりでバンドのメンバーが次第に集まってきて、曲作り開始。

ここでさっきの気持ちいい音で気持ち良く曲が作れると良いんだけど、現実なかなかそうはいかなくて、悩めるギタリストの悩んだ音になっちゃう(笑)

その時点で、つい数分前まで出ていた気持ちいいギターは消えてたね。

楽器って本当に不思議。
ギターって本当にファジーな楽器だと思ったよ。

人間味溢れる楽器だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください