V-Twinをパワーアンプで鳴らす

昨日(15日)は福生のUZUでライブだった。
新しいエフェクトボードのデビューでもあるライブ。
やはりハードケース型のエフェクトボードは安定感もあるし、ボリュームペダルもセッティングしたから使い勝手も良かった。

で、
実はもう一つ新しい試みをした。
それはMESA BOOGIEのV-Twinをパワーアンプに通して”ギターアンプ”として使えるか?

結果から言うと、まあまあ使えるかな。

Marshall 8004

V-Twinはプリアンプなので仕組みとしてはおかしくは無いよね。
パワーアンプはベースのヤマから拝借したMarshallのvalvestate 8004。
ラックタイプのパワーアンプで、トランジスタ。
1Uサイズの小ささが便利なもの。

以前、私が使っていたのとはちょっとだけ仕様が違うけど、きっと年式違いの同じモデルでしょう。
キャビは自前のCustom Audio Japanのセレッションが1発入った小さいスピーカーキャビネットを持っていった。

MESA BOOGIE V-Twin → ディレイ ND-1 → Marshall 8004 →CAJのスピーカーキャビネット

ペダルのプリにラックのパワーアンプ、そして小型のスピーカーキャビネット。
見た目はすごく不思議なセット。

CAJスピーカーキャビネット

前から見るとスピーカーキャビネットしか見えない。
パワーアンプは上に載せると安定しないから、壁際に立てかけていたし。
アンプ本体(V-Twin)は私の足元。
スピーカーの上にあるのはワイヤレス。

知らない人が見たら、アンプからアンテナが生えているようにしか見えないよな。

実際、UZUのママさんにも「これなに?」って言われていたらしいし(笑)

さて、肝心の音の方は…
いつもスタジオにあるMarshallのリターンにV-Twinを突っ込んで鳴らしているんだけど、それに比べるとタイトな感じがしていいね。
これってスピーカーが効いているのかな。

私の考えだけど、小さい箱やスタジオでMarshallの4発入りはいらないんだよね。
デカすぎて、オーバースペック。
ボリュームがでかいのに、よく聞こえないないなんて事になりがちな気がする。

反対に小さい1発の方が抜けが良いというか、タイトにまとまるというか。
余計な広がりが無いから、箱にあった音量で(あまり大きくしないで)もギターが聞こえるな。

4発入りの低音と音圧というか迫力は、それはそれでカッコいいけどね。

V-Twinはチューブ(真空管)を使っているけれどフルチューブのプリアンプじゃないし、パワーアンプもトランジスタなので、この辺の要素も加味されてタイトな感じになったのかな。

あの粘るようなドライブ感、軽いひずみで気持ちよく弾ける音色、そんなチューブアンプらしい音色はやっぱり出ない(苦笑)
そりゃ仕方がないか~。

やっぱりちゃんとしたアンプ欲しいよな~。
(-。-)y-゜゜゜

ま、
無いものは、しゃあない。

そんな事を言いながら、ここ最近のセッティングの中ではかなり良い音が出せたのは間違いないんで良しとしようか。

自分の機材はやっぱり安心して使えるわ。
ライブハウスにあるアンプは、色々な人がたくさん使うからどうしてもくたびれているからね。
整備していないのはしょうがない(苦笑)

そういう意味でも、ちゃんと手入れをしてある自分の機材は安心して使える。
それだけでも、有意義だよ、うん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください