ギターの音を決めるのは人か機材か?

This Guitar
This Guitar Photo by Little Miss Sunshine.

ギターの音は何で決まるかわからない。

“アンプ”だと言う人もいれば、”いやいやギター本体だ”とか”やっぱり弾き手(ギタリスト)でしょ”なんてね。

もっと細かくなるとPU(ピックアップ=弦の音を拾うマイク)だ、エフェクターだ、弦だビックだボディの材質だ、さらに天候だ湿度だ…と。

もうこうなるとキリが無い(笑)

天候と湿度は、まあ、おいといて(汗)

他の要素は音を決めるのに一理あるものばかり。
弾き手を除いて全てハード(機材)だよね。
相応に影響があるのは当たり前だと思うんだ。

そして大きいのは弾き手じゃないかな。
そう”ギタリスト本人”。

プレイで音が変わるのも大きいとは思う。

ヴァン ヘイレンが他の人のギターを弾いたら、ヴァン ヘイレンの音がしたなんて話しもあるよね。
それは極端な例なんだけどさ。弾き方やプレイの好みで音や音の印象が変わるのは間違いないと思う。

で、
ここからは私の持論なんで話し半分で聞いて(笑)

機材で音が決まるかと言われるとそう言い切れないんだけど、これもかなり重要なのは間違いない。

そして様々なギターや機材を選ぶのは弾き手のギタリスト自身。
つまり「機材選びも音作り」な訳。

てことで。
音の良し悪しは機材から弾き手まで全ての要素がバランスを取って出来上がると思ってる。

とは言え。
好きなギターやアンプを好きなだけ買いまくっていたら破産する(笑)

限られた収入や小遣いの中で上手くやるかってアイデアも必要。
何も高い機材が一番良い訳じゃないからさ。

“道具に使われる”なんてつまらないからさ。
“使う道具にこだわる”のは面白いよね。
その為に金貯めて大切な機材を買うのは良いと思うよ。
大切な音に投資だね。

なんて偉そうな事を書きながら、現実では音の悪さを機材のせいにする時もあるだわ(苦笑)
だってスタジオやライブハウスのアンプって結構酷いんだもん(もろ言い訳)

リハーサルはまだしもライブでアンプ持参は当たり前かぁ。

と言うわけで、またtotoのBIGを買ってきた。(またかよ(爆))

(戯言)
6億円で機材揃えたらどーなるんだろう…:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください