久しぶりに基礎練習

超が付くほど久しぶりにギターの基礎練習をやった。

ギターマガジンが出している教則本を見ながら、一見つまらないフレーズを弾く。

ふむふむ。

なんとか弾けるな。

じゃあメトロノームに合わせて。

教則本に書いてある指定のテンポは100。
100…。
メトロノームを鳴らす。

かちかちかちかち。
速いっ(滝汗)


弾けねぇヽ(゜▽、゜)ノ
テンポを落として、72に。
ヘタレだがしょうがない。

これなら弾けるな。

うーん、でも。
きれいに弾けていない。
所々のノイズが多い。
各音のバランスも悪くてばらつきがある。

いかーん!

ひたすら弾き込むこと30分。

きれいに弾く事に集中していたから、テンポを上げることは叶わず。
集中力が欠けてきたので終了。

久しぶりの基礎練習はなかなかどうして難しかった ヾ( ´ー`)

うまい人のギターは音が澄んでいる。
やっぱり弾けるってそういう事だよなぁ。

“音が出せる”のと”弾ける”は違うんだよなぁ。

分かっちゃいるけど、再確認した夜だった。

しかし。
基礎練習だからと言って、ZO-3(”ぞーさん”というミニギター)の七弦で練習するのも、問題ありかな?

※ギターに詳しくない方向けの解説:
ミニギターは全てのサイズが小さいので、実際のギターとは弾き心地も感覚も違う。なおかつ普通のギターは弦が6本なのだが、七弦ギターはその名の通り弦が7本で非常に特殊。
この特殊極まりないギターで基礎練習をする時点で間違いがある(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください