えぐいベーシストがやってきた

所属バンド7senseのベースが昨年脱退。今月から新しいベーシスト ヤマが加入。
今日はそのヤマを交えて初のスタジオ。
年末から何回かメンバーと一緒に飲みに行ったり、前ベーシスト参加のライブに2回ほど来たりと交友はしていたのでコミュニケーションはばっちり?だったんだけど、ベースプレイは初めて聞くから興味津々。
いったいどんな音を出すのかと期待と不安の入り混じるスタジオ入りだったんだよね。

で。

スタジオに行ったら、みんな遅刻でいなかった(爆)

あ、それはどうでもいいか(笑)

全員が揃ったところで早速いつもの曲を合わせる。
最初は若干の緊張もあったみたいだけど、次第に緊張も取れて余裕が出てくると…
いいじゃん。
面白いベース弾くなぁ。ってのが率直な感想。
いや、変な意味じゃなくてね。
エフェクター結構使ってるんだけど、音が痩せてない。
歪ませたりしても、嫌味な音を出さないし。
ギターの邪魔をするわけでもなく、
地味すぎず派手すぎず
出るとこ出っ張る、って感じで、アクセントになってる。
ソロは狂ったように歪ませて遊んだりしてるし(笑)
いや~、エグイ音だった。

前ベーシストのしもしも。
1月のライブを手伝ってもらった、前々ベーシストの兄い(あにい)さん
そして、今回新加入のヤマ。
当たり前だけど、十人十色。
三者三様の違いをまざまざと感じたよ。

今までも色々な人と色々な曲をやってきたけど、同じ曲を違うメンバーで、というのはそんなに機会が無かったからな、貴重な体験をしたと思う。

料理を作るとき、塩の一振りで味が変わるのと同じだな。
ちょっとの違いが全く違う味を出すんだねぇ。
しかも、ベースだからね。
その名の通り音作りの「ベース」なんだよなぁ。
と、しみじみ思った。

新しい7sense。
案外、早目にライブに戻りそうな雰囲気…♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください