DTMの壁

Logic Express 8
Logic Express 8 Photo by anthony_goto

曲作りにPCが欠かせなくなっている。

5~6年前はMTRやドラムマシンを使って録音して曲作りに使っていたね。
人によってはMIDIとキーボードやシンセを使ってちょっとしたアンサンブルは打ち込みで作っちゃったり。でもその方法は機材が相応に高いし、取り扱いも(ギタリストには)難しくてなかなか手が出なかったな。
それが今ではPC1台で全てできてしまう。改めて考えてみると、すげーなぁと。

今やPCだけでマルチトラックの録音はもちろんシンセもドラムも鳴らせるようになった。
シーケンサー(簡単に言うと自動演奏してくれる機器)だって入っているから、全部のパートを設定すれば一人でバンドが再現できる。

録音しなきゃいけないのはギターやヴォーカルみたいなアナログな音ぐらいか。
私は使わないけどギターアンプのシミュレーションソフトもあるから、PCにギターを繋ぐだけでエフェクターやアンプが無くても良い音で録音できてしまう。
最近は歌詞と音程を入力すれば歌を歌う、さしずめ「ヴォーカルシミュレータ」なんてソフトまであるからいずれは歌までPCで入れられるかも!?(このソフトの実力は知らないけど)

実際の所は一人でそこまでやる気も無いし、そもそもそこまでやってしまったらバンドをやる意味が無くなるからやらないけど、それでもバンドで演奏した状態に近い音を作る事はよくある。


どんな時かと言うと、ちょっとしたフレーズの絡みやリフの雰囲気を伝えたい時かな。
「百聞は一見にしかず」ならぬ「百聞は一聴に~」で、口で説明するより音を聞いてもらう方が判りやすかったりするからね。
ギターがあるんだから口で説明しないで弾けばいいじゃん?と思う人もいるだろうけど、案外それが良いときもあれば悪いときもあるから、そう簡単にはいかない。

ストレートでシンプルなものならいけそうだけど、「ジャーンとギターの音を伸ばしている中にどっしりとしたドラム、ベースがメロディを奏でキーボードは高音域をキラキラとしたイントロ」なんて説明。聞いた人が10人いたら10人とも色々と違う音を想像するでしょ?
5人メンバーのバンドでも5人とも違う音を想像したり考え出したり…。まあそれを色々と組み合せて曲を組み立てるのも楽しいんだろうけど、イメージの統一を計った方がスムースに行くってのもあるからね。
何か作る時にたたき台があった方が作りやすい事もあるしね。(人にもよると思うけど)
そんな音を作りたい時はPCフル活用で作り込んじゃう。

後は頭の中で具体的に他のパートの音が聞こえちゃう時も作っちゃうかな。
もちろん最終的にはそのパートを弾くメンバーに任せるようにしている。だから自分の中で具体的に聞こえたとは言え、作り込むのは最低限に抑えるように気をつけてる。

なんて書くとまるで私が何でも弾けるマルチプレイヤーの様に聞こえるけど、実はギター以外は全然弾けない(笑)
これもまたPCの恩恵で、鍵盤が弾けなくても一音一音入力したりドラムも既に有るパターンを組合せるだけで出来ちゃったりするんだよ。

あとこれが大きいんだけど…
ギター以外のパートを作り込むほどの気力が無い。
結局、他のパートは自分のスキル的に足りなくて?機材も作れる環境も有るけどギター以外の他のパートは作り切れない(爆)

おっと話が逸れたね。
作れないとは言っても、簡単なイメージを掴む程度には作れて、それが他のメンバーに伝えたい時や自分自身での音の確認に非常に便利。
そんな意味でPCは家に無くてはならない楽器の一つになってる。

大きな問題は二つ。

一つは「金がかかる」って事。
最低限、PCとソフトを買わないといけない。
PCに音を取り込むとすると、オーディオインターフェース(音声の入出力をする機器)も必要。
そのどれもこれもが結構なお値段。
PCはもうかれこれ5年前に少ないボーナスつぎ込んで自分で作ったWindows。
当時は相応のハイスペックでメモリーも多めに買ってきた。
普通の自宅用のPCと比べると結構な高性能。
これぐらいじゃないと、ちゃんと動かない。
ソフトとオーディオインターフェースは、そんなに流通している商品じゃないから根本的な定価が高い。
全部新品で買っていたら20万以上するよな。
オークションで買ったり自作したりで家のは半額以下に済ませたけどさ。

もう一つは「操作を覚えるのが大変」
PCの操作に慣れている人は良いけど、そうじゃなかったらPCの操作から勉強。
色々な機器の接続をするから、その機器の使い方も覚える。
往々にして繋いでポンと動かないから設定も一仕事。
機械が揃っても、音楽編集するソフトっていうのがまた難しい。
なにせ楽器としての機能と録音・再生のスタジオとしての機能が揃っている。
しかもギターだけじゃ無くて、ドラムからキーボードからボーカルから、と盛りだくさん。
さらにこのソフトも簡単に音が出やしない…。
今使っているソフトでシンセの音が出るようになるまで3~4日かかったよ。
まあ、私が不慣れなだけと言われればそれまでだけどさ。

金と操作を覚える時間をギターに費やせば、ギターはもっとは上手くなってたかもなぁ(苦笑)
ただ、今の自宅の録音環境は結構使い勝手が良いし、やっぱり前述の良いポイントもあるにはある。それを差し引けば全然不満は無いかな。

壁が大きくてなかなか簡単にできるものでは無いけれど、DTM(デスクトップミュージック)って面白いよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください