Winger 13年振りの新譜 "IV"

サウンド&レコーディングマガジンを何気なく眺めていたら、元Wingerで今はホワイトスネークで活躍しているギタリスト、レブ・ビーチのインタビューが載っていた。

Winger live in Paris
Winger live in Paris Photo by Metal Traveller

Wingerっていえば、80年後期のメタルブームの最後の方で出てきたキャッチーでテクニカルな「いかにも!」って感じの売れ線ロックバンド。
ファーストアルバムのセブンティーンって曲のリフが、これまたキャッチーでカッコよく、当時はかなり気に入っていたバンド。

で、インタビューを読んで見ると…

げっ!
なんとWinger13年ぶりの新譜が発売!?

これは嬉しい★

ファーストアルバム以降は泣かず飛ばずで、まあアルバムは出ていたし買って聞いたけどぱっとしないなぁ~なんて思っていたら、知らないうちに解散してしまい、消えていったWinger。
とはいえ、ファーストアルバムのインパクトは忘れられず、セブンティーンだけはいまだに思い出しては聴いている。

レブ・ビーチも上手くてプレイ(メロディーが)キレイ系の好みのギタリスト。

13年振りの新譜ときたら、ちょっとワクワクしちゃうじゃないの♪

しかし、
大きなCDショップに買いに行く時間も取れず、意気消沈…

ああ、近所のCDショップじゃ全然取り扱っていないなぁ~★
しばらく聴けないか~と諦めていたんだけど、ふと思い出しiTunesを見てみたら…
あった!!
すげーぞ iTunesミュージックストア!

早速ダウンロードで購入♪
昨日からガンガン聴いてます。

ちなみに…一昨日はヤイコの新譜が出たばかりで、ヤイコとWingerが交互にヘビーローテーション(笑)

さて、感想は…
また後日~♪

Winger 13年振りの新譜 ”IV”

2コメント

  1. 詳しくは後日書くけど、予想と違ってましたぞ!

    評価は…
    ★★☆☆☆ってところかなぁ(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください