太陽系

太陽系の惑星が12個になるかもしれない…
そんなニュースをみてワクワクしちゃうのは私だけか(爆)

火星と木星の間の小惑星帯にあるセレス。
冥王星と二重惑星になるカロン。
冥王星のさらに外側に発見された2003 UB313。

これが全部惑星と認められたら、もう惑星全部を覚え切れないな(笑)

ちなみに二重惑星っていうのは、宇宙戦艦ヤマトに出てくるガミラスとイスカンダルみたいなものらしい。
要は2つの惑星が互いに引力で引き合ってクルクル回りつつ、太陽の周りを回っているってこと。
すげー。
宇宙もののSFかアニメでしか見たことないような惑星が太陽系にあったということか。

2003 UB313っていう星は、まだ正式名称が決まっていないらしい。
でも冥王星の外側を周回。
冥王星よりでかいとか。
2005年の時点で、太陽から約145億km彼方を飛んでいた。
なんだ145億kmって(笑)
ちなみに557年かかって太陽の周りを一周する。
地球の1年が557年かかるってことか?
四季があるとしたら、一つの季節が約160年づつ!?
スケールが大きくて訳がわからんな~。

セレスは直径910kmしかない小惑星の仲間。
いままで惑星として認められなかったのに、この度昇進?するやもしれないと。

なんか面白いんだよなぁ。
星とか宇宙の話とか聞くと、興味津々。
小さい頃は大学に行って天文学者になろうなんて思っていた事もあるくらい。

でも、あんまり詳しくは無いんだけどね(爆)

いやー。
久々にワクワクする良いニュースだったハート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください