ゲルマン魂 強し

ワールドカップのドイツvsアルゼンチン。
なかなか面白い試合だったな。

序盤はアルゼンチンが優勢ながらも、途中でアルゼンチンGKが負傷交代。
ここで試合の流れは変わってしまい、両者一歩も譲らない試合で1対1のまま延長戦へ。
延長戦でも互いにチャンスを作りつつ、後一歩がどうしても届かない。

延長戦が終盤に近づくにつれ、緊張感は高まる。
精神力の戦い。
こうなってくると地元ドイツの地の利は有利に働くよなぁ。
何万という観衆が後押しするドイツの選手の力強さは、アウェーの洗礼としてプレッシャーだけを浴びるアルゼンチンとはまるで反対。
サッカー強豪国アルゼンチンだからこその「勝たなくてはいけない」プレッシャーだったのかもしれないな。

そして遂に、
延長戦でも決着は付かず勝敗の行方はPK戦に委ねられた。

実は会社の仲間達とWカップの話をしていて、私は準々決勝でドイツとアルゼンチンが対決すると予想していた。
しかも、同点のまま延長戦になって、試合はPK戦で決まると。
ドイツが勝つと予想していたんだよ。


実際にPK戦は何が起こるか判らないと言うけれど、あの時点で勝敗は決していたと思う。
アルゼンチンは正GKが負傷し控えのGKレオナルド・フランコ。
そしてドイツのGKはあのカーンを押し退けて正GKの座に付いたレーマン。
こうやって考えると、ドイツのGKはすごい。
どちらも他の国だったら間違いなく正GKになれる実力を兼ね揃えたベテラン。
そしてPKの前にレーマンを激励するカーン。
カーンの潔い態度には感動させられるな。

いざPK戦が始まると、さらにアルゼンチン不利の様子が見えてきた。
アルゼンチンのGKはことごとくドイツ選手のシュートの方向と逆に跳んでいる。
片やドイツのGKレーマンは止められないまでも、自分が跳んでいる方向はアルゼンチン選手のシュートの方向と全てドンピシャの大当たり。これはいつかは止められる…そのシーンが安易に予想できたね。

さらに印象的だったのはドイツ選手のシュートを打つ時の自信満々の姿。
足を怪我して万全では無いバラックのシュートですら、アルゼンチンGKをあざ笑うかのように簡単に入れる。(様に見える)
入らないはずが無いという程の自身に満ち溢れた選手達。
片やアルゼンチン選手は神に祈りをささげ、どこか「入りますように」と頼む様な素振り。

そしてアルゼンチンの選手2人のシュートをレーマンが止めて試合は終了。

アルゼンチンGK レオナルド・フランコとドイツGK イェンス・レーマン
最終的にはこの二人の力の差が如実に現れたPK戦だった。
そしてゲルマン魂の力強さを見せ付けられたなぁ。
前評判では全くもって評価の悪かったドイツが、蓋を開けてみればベスト4入り。
ドイツ国民ですら「ベスト8も危ないんじゃないか?」なんて言っていたのに、この変貌振りは何だろう。

さっきのアルゼンチン対ドイツの結果もそうなんだけど、他にも予想しているのがあってね。
優勝:ドイツ
得点王: ミロスラフ・クローゼ
このWカップ、下馬評をひっくり返してドイツが大活躍すると読んでいたんだ。
さて、どうなるかな~♪

最後に…これを知っていたかな?
ドイツはWカップのPK戦で無敗なんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください