オペレーションマインドクライム2

Operation: Mindcrime II
新星堂ロックインという楽器店があるんだけど、そこで買い物をした時にたまたまキャンペーンをやっていて応募することができた。
抽選で音楽チケットが当たるというものだったんだよね。
すっかり忘れていたんだけど、突然新星堂から封書が届いた。
もちろんキャンペーンのことなんてすっかり忘れていたから、DMかなんかだろうな…なんて思いつつポストから取りだした。
何の気なしに開いてみたら、なんと!
音楽チケット3000円分当選ひらめき

って事で。
買って来ました。
クイーンズライチのニューアルバム「オペレーションマインドクライム2」

「オペレーションマインドクライム」からゆうに18年。
果たして”今の”クイーンズライチの音はどんなものなんだろう…

近所のCDショップにはクイーンズライチなんてマニアックなバンドのCDは売っちゃいない(爆)
会社の近くにあるCDショップにももちろん無かった。
こりゃ「東京さ行くべ」って事で、池袋のWAVEへ。

あったあった、ありました。
クイーズライクのオペレーションマインドクライム2!
ん?
クイーンズライク!?
ライクなのか!?(汗)


まあ、読みの違いなんだろうけど。。。。。。。。(汗)
クイーンズライチだよなぁ…。
なんて細かいことは気にせず、さっさと購入(笑)

小走りに車に戻って聞くぜ聞くぜ。
ちょっと興奮気味♪

そして、オープニング…

およよ。
なんとキーボードかよ!?
オペレーションマインドクライムではSEちっくなナレーションで始まっていたな。
なるほど、その辺を意識して「2」らしいアレンジか。

短いオープニングは重々しいドラムに重なって2曲目へ。
きたきたきたぁ~
ヘビーメタルタイムだ!

だ!!!!

だ!!

だ!

だ…

だぁ~~

…。

なんか物足りない。

以前、しもしもに見せてもらったバーンにアルバム評が載っていて80点前後だったと思うんだけど、良くも悪くも相応だなぁ。
期待しすぎたというのも悪いんだけど。
ジェフ・テイトは往年のハイトーンはかすれてしまった。
いや、それも渋みが付いたと言えなくは無いよな。

やっぱりメタルはギターの重要度が高いって事か。
クリス・デガーモの穴は埋まらなかったか。(今に始まったことじゃないけど)

オペレーションマインドクライムを聞いたときは、聞き終わってから耳に残る余韻があった。
あちこちに散りばめられた色々なフレーズ、メロディ、SEだって。
本当に難しい小説でも読み終わったような疲れが感じられて、それがインパクトとして残っていた。

オペレーションマインドクライム2は聞き終わってから、さっぱりしてしまった。
なんと、曲を覚えていない。
うーん。
キャッチャーな曲を期待しているわけじゃ無いよ。
覚えやすい曲じゃ無くても、耳に残る何かがある曲ってあるじゃない。
“それ”が無いんだよ。

前述のバーンの批評にあったんだけど、「オペレーションマインドクライムの2にしなくて良かったのでは無いか」って意味がわかった。
クイーンズライチの新作として聞けばマアマアだったんだろなぁ。
オペレーションマインドクライムの「2」としては、物足りなかった。
物足りなさ過ぎた。

クリス・デガーモは味があったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください