MOOER Stomplate Mini Pedal Board

どこをどう見てもPedaltrain Nano

多くのエフェクターのコピーモデルを小さなサイズかつ安価でリリースしているMooerからエフェクターボードがリリース。
その見た目は、どこをどう見てもペダルトレイン / Pedaltrain nano。

値段は6,980円(2013年11月21日現在 ナインボルトでの値段)。
Pedaltrain nanoが10,000円程なので、その微妙な安さが魅力?です。続きを読む

電池比較セットってなんだ!?

イケベ楽器から衝撃の製品がリリースされました。
その名も“電池比較お試しセット”

色々な9V電池がセットになっていて、電池によって変わるエフェクターの音を試せる画期的なセット。

ええ!?
そんな(売るのが)お手軽なセットを製品にしてしまうなんて。
イケベ楽器、なかなかやるな。続きを読む

ILoud

AmpliTubeがあればアンプになるでしょ

AmpliTubeやiRigで有名なIK Multimediaから“ミュージシャンのためのポータブル・スピーカー”がリリースされました。
その名も“iLoud”。

最初は「器用なパワードモニターかな」程度にしか思わなかったのですが、デモムービーを見たり機能の詳細を読んでみたりしたら、これって凄いかも…と思わせてくれましたので紹介します。

ごちゃごちゃと細かい事はIK Multimediaのページを見れば一目瞭然なので省きます。

要は…
音が良い
iRig内蔵
つまり、これってギターアンプになるんじゃない?って事です。
しかも、半端なアンプじゃなくてAmpritubeのクオリティで。続きを読む

EPM5000

振り子式に見えるけど電子式のメトロノーム

セイコー / SEIKOが時計で培ったクォーツの技術を使ったメトロノームをリリースします。
なんかよく判らないけど、クォーツというだけで凄そうに聞こえます。

クォーツって聞いた事はあるけれどどんなものだか知らないのでWikiで調べてみました。

クォーツ時計(クォーツどけい)とは、水晶振動子を用いた時計である。水晶時計または単にクォーツ(Quartz)とも。20世紀後半から普及し、振り子時計に代わって現在最も一般的な時計となっている。
via: クォーツ時計 – Wikipedia

水晶に交流電圧をかけると一定の周期で振動するそうです。
それを時計の速度調整に使うのがクォーツ時計。
今回、セイコーが出すEPM5000はその技術を応用したクォーツメトロノーム、ということです。続きを読む

MTZ11

よくある製品ですが

よくあるアーミーナイフ(十徳ナイフ)的なマルチツールですが、Ibanezが改めてリリースしました。
Ibanez MTZ11 Multi Tool。
ん?
十徳じゃなくて十一徳ですね。

十一のツールは以下の通り。続きを読む