今年も残り後わずかとなりました。
個人的にはブログに力を入れたり仕事の環境が激変したりと色々とあった一年だったと思います。

そんな中、このブログ“Guitar Mekk”で一番読まれた記事はなんだろう?と疑問に思ったので「2013年に最も読まれた記事」と銘打って、ベスト10記事を発表します。

Independent Association of Businesses Top 10
Independent Association of Businesses Top 10 Photo by iabusa

10位

フレット磨き JEMのフレットをピカピカに | Guitar Mekk
ヴァイモデルのギターのフレット磨き

地味ながらも気になるフレット磨きの記事。
ぴかぴかになって気持ちよかった。続きを読む

JJ s Gorgomyte Gorgomyte Polishing Cloth

凄そうなギターテックが開発

有名なギターテックが開発したというポリッシングクロス“JJ’s Gorgomyte Gorgomyte Polishing Cloth”というのが日本でも発売開始されました。
「日本でも」というのは、海外ではとても有名なクロスなようで、既に多くの有名アーティストが使っているポリッシングクロスのようです。

これはフレットと指板を簡単にキレイに出来るクロスで、従来のクロスでは得られない効果が魅力とのこと。

フレットと指板のクリーニングは、指板にマスキングをしてスチールウールで擦ったり研磨材を使ったりと手間がかかる作業だったのですが、JJ’s Gorgomyte Gorgomyte Polishing Clothはそんな手間は一切不要。
ただ弦を外して磨くだけ。

出た!このうたい文句。
まるで通販番組。続きを読む

MTZ11

よくある製品ですが

よくあるアーミーナイフ(十徳ナイフ)的なマルチツールですが、Ibanezが改めてリリースしました。
Ibanez MTZ11 Multi Tool。
ん?
十徳じゃなくて十一徳ですね。

十一のツールは以下の通り。続きを読む

Big Bends Guitar Strings Wipes
Big Bends Guitar Strings Wipes Photo by Mekkjp

弦を長持ちさせる

ギターを弾いた後、弦を必ずこれで拭く。
色々な弦周りのケアグッズ、クリーニンググッズを試してきたけど、今のところこれが一番気に入っている。

縦9cm、横6cm程度のウェットティッシュの様なもので、一枚取り出して弦を拭き上げる。
一回使ったらお終いの使い捨て。
汚れを拭きとるのは他にもあったけれど、これはどういう訳か拭いた後のプレーン弦の保ちがいい。
巻弦は普通に汚れがとれる程度なのでさほど変化は感じないが、それでもきちんと丁寧に拭いているので、サッと拭いているだけよりは保ちがいい。続きを読む

ちょっと前に話題になった高精度チューナー

発売時に精度の高さと反応速度の半端ない速さで話題になったチューナー、Sonic Research ST-200。
chuya-onlineさんですっげー安く売られています。

 

楽天のchyuya-onlineショップで12,250円。※2013年4月14日現在 13,800円です。
安っ!

並行輸入品なので国内での保証や日本語マニュアルが無いなどの難点もありますが、正規輸入品が大体24,800円とチューナーとしてはかなり高値なので、この安さは前述の難点をカバーしてありあまるでしょう。

ストロボチューナーで有名なピーターソンと比べっこ

Sonic Research ST-200はこのムービーで話題になりました。続きを読む

ギターいじり好きな私は、是非とも読みたいと思った本が出ます。

※広告です

早速予約だ。
(3月23日発売予定)続きを読む

実はこんなのも持っていた。

UV777P
Ibanez UV777P Steve Vai 7弦

久しぶりすぎて、うちの妻は見たことがない。
見た瞬間に、またギターを買ったと思ったらしく。「なにそれ?いくらしたの?」と疑惑の目を向けられた(笑)
結婚する前に買って、放置しておいたんですってば(汗)

このギター、オークションでボディやパーツを買い集めて自分で組み立てたから、若干オリジナルとはパーツが異なる。

続きを読む

The String Cleaner TSC-G1
以前、「指板に吹くスプレーはギターに悪い!?」で、ギターベースの指板(弦)に吹き付けるスプレーの話を書いた。
揮発性の油だから、木材に悪いんじゃないか?という話ね。

それ以来ちょっと気にしていて、スプレーはティッシュペーパーに吹き付けてから弦を吹くか、ERNIE BALL WONDER WIPES 4267 String Cleaner & Protectant ストリング クリーナーを使うかしていた。
アーニーボールのストリングクリーナーは消耗品としては高いので、贅沢品だなぁ…なんて思っていた

そんな折、素晴らしい便利グッズ(?)を発見!

使い方はとても簡単。
弦を挟んで動かすだけ。


※前半は商品説明、ツールを使うのは1:19辺りから

これは素晴らしい!
まるで通販番組で売っているのような商品だ(笑)

続きを読む

Steampunk Guitar
Steampunk Guitar Photo by Rob Lee

ギターの調節には色々な方法や考え方があって、それこそビルダーやリペアマンが10人いたら10種類のやり方があると思う。

最近思うのは、そんな調節方法にどれが正解って無いんだな…ということ。
ある人が良いという方法が、別の人だとNGだったり。
工学的にうんぬんと理屈で攻める人もいれば、長年の経験と勘で行く人もいる。
それじゃあってんで、科学の力で音質や音響効果、ギターの材質とかを測定して数値化、それを元に考える人もいる。

続きを読む