今年も残り後わずかとなりました。
個人的にはブログに力を入れたり仕事の環境が激変したりと色々とあった一年だったと思います。

そんな中、このブログ“Guitar Mekk”で一番読まれた記事はなんだろう?と疑問に思ったので「2013年に最も読まれた記事」と銘打って、ベスト10記事を発表します。

Independent Association of Businesses Top 10
Independent Association of Businesses Top 10 Photo by iabusa

10位

フレット磨き JEMのフレットをピカピカに | Guitar Mekk
ヴァイモデルのギターのフレット磨き

地味ながらも気になるフレット磨きの記事。
ぴかぴかになって気持ちよかった。続きを読む

Micro Ampにつまみが増えた

MXRの新しいブースター、“MXR Micro Amp +”のデモンストレーションが幾つかYouTubeに公開されていますの紹介します。
従来のMXR Micro AmpはGAINコントロールひとつのシンプルなブースターでしたが、それにBASSとTREBLEの二つのコントロールが追加されて音作りを積極的に行えるブースターになっています。

Micro Ampは以前から評判の良いブースターでしたが、音作りの幅が広がってより魅力的になった気がしますがどうでしょう。
MXRのCUSTOM SHOP名義のモデルになっているので、オペアンプが変わっていたりと細かい部分もリファインされているようです。続きを読む

Maxon OD808でBogner Uberschallをブースト

MaxonのOD808でBogner Uberschallをブーストするデモンストレーションを録り直しました。
前回の失敗デモンサウンド“OD808とBogner Uberschallのデモを録音して見事に失敗した | Guitar Mekk”よりはマシになったと思います。

録音環境はこんな感じで録音しました。

  • Maxon OD808
  • Bogner Uberschall
  • ERNIE BALL Volペダル
  • Focusrite Scarlett 18i6 / オーディオインターフェース
  • Logic Pro XとAmpliTubeのENGLシミュレータ
  • Ibanez RGD2127Z / ギター

続きを読む

Blackstarのコンパクトサイズのエフェクター

Blackstarの真空管を使わないエフェクター“LT Compact Pedals”のデモンストレーション動画がYouTubeで公開されています。
紹介されているのはBlackstarのLT BOOST、LT DRIVE、LT DIST、LT METAL、LT DUALの5機種。
Blackstarのエフェクターは真空管を内蔵していて非常に大きいのが特徴的でしたが、これは使い易い一般のコンパクトサイズ。
ボードに収めるのに悩まずに済みそうです。

以前、2013 NAMMショーで公開された時にこちらの記事“Blackstar LT Boost, LT Drive, LT Dist, LT Metal, LT Dual Demos | Guitar Mekk”で紹介しました。
その時のムービーとは違い、ちゃんと録音した音源を使っているのでエフェクターの特徴がつかみやすいムービーになっています。続きを読む

alt EarthQuaker Black Eye Clean Boost

EarthQuaker Black EyeでBogner Uberschallをブースト

EarthQuaker DevicesのクリーンブースターEarthQuaker Black Eye Clean BoostでBogner Uberschallをブーストした動画をアップしました。
Bogner Uberschallの前にBlack Eyeをつないでいます。

内部トリマを弄った

Levelを色々弄ってブーストの変化を録ってみましたが、ディストーションペダルがBogner Uberschallで元々かなり歪むのでブーストの強弱での差が判り難くなってしまいました。

それでもブーストをかけると歪みが深くなりつつ中〜低域がグッと出てくる感じがします。
EarthQuaker Black Eyeのノーマル状態でもその効果はあったのですが、内部トリマでGAINを少しだけ上げたところ、より強く中〜低域が前に出てきました。
深めに歪ませて使う方は、是非この内部トリマの設定を変更して試してみて欲しいと思います。続きを読む

EarthQuaker Devices

楽器店であまりお目にかからないメーカーのEarthQuaker Devices。
2004年に設立されたアメリカのメーカーです。

EarthQuaker Devices | The place that makes the pedal.
EarthQuaker Devicesオフィシャルサイト


個性的なペダルが多いですね。
その中でシンプルなクリーンブースターEarthQuaker Black Eye Clean Boostがいい感じの音がしそうです。

SNSでやりとりさせていただいているヘビーメタル大好きギタリストのフッチーさんにオススメされました。
フッチーさんのブログ“メタルブログ激鉄”でも紹介されています。

純粋に音が大きくなるだけでなく、
音にハリとコシが加わってます。
MOSFETを使った回路がいいんでしょうかね。
かなり心地いいサウンドです。

音にハリとコシが加わる…。
どんな感じなんでしょうか。続きを読む

過去に組んだエフェクターボード

過去に組んだエフェクターボードの写真がいくつか見つかりましたので、ここでいくつか紹介してみようと思います。

エフェクターボード 2013年3月
エフェクターボード 2013年3月 Photo by Mekkjp

アンプと組み合わせたシステム

アンプでメインの歪みを作りそれと組み合わせるボードでした。
GAINアップ用とボリュームアップ用の2つのブースターを入れてあります。
おまけに歪み系が3つ。歪みのバリエーションが多くて重宝しました。

バンドではなく、スタジオで遊び用ですね。
こんなのバンド練習やライブじゃ面倒で使えません。続きを読む

ブースターに悩む

ブースター選びで悩んだ。
世の中に色々と良さそうなブースターはたくさん有るのだけど、今回はちょっと特殊な使い方でそれに対応するブースターが見つからなく悩んでしまった。
結果的にPigtronixのClass A Boostというブースターを選んだのだけど、これがなかなか秀逸したブースターで、今では悩んだ甲斐があったかもしれないと思っている。

Pigtronix Class A Boost
Pigtronix Class A Boost Photo by Mekkjp

ライン入力対応

特殊な使い方と書いたが、さして難しい事をするわけではない。
アンプのfxループ(エフェクターを挟むセンド/リターン)にブースターを挟んで、ソロの時の音量アップをブースターでやろうと思っただけ。
だったら好きなブースターを使えば良いじゃないか、と思われそうだがそうはいかない。
fxループにはラインレベルの信号が流れるので、足元に置くコンパクトタイプのペダルだとレベルやインピーダンスが合わなくて音が痩せてしまうことがある。
そこでライン入力にも対応したブースターを探していて、前述のPigtronix Class A Boostと巡り合った。
続きを読む

また出るのかEchoplexコピー

xoticのep boosterから始まった(と個人的に思っている)Echoplex伝説。
昔のテープエコー、Echoplexの回路を通すと音が良くなると言う伝説。

Echoplex
Echoplex Photo by robert_rex_jackson

そのEchoplexの特性にプラスアルファをしたのがxoticのep booster。
TBCFX MEPはよりEchoplexに忠実にしたプリアンプ的なブースター。
その他の派生も色々あるみたいですが、良く知りませんw

最近ネットで見ていたら注目されるEchoplexブースターが出ているとか。
それがVEMURAM Neoplexです。

ネットで情報を見てみると

実際に使っている方がいらっしゃって、その方のブログがとても詳細に書かれていて参考になりました。続きを読む