Download Music It's Free
Download Music It’s Free Photo by Iain Tait

違法ダウンロードの刑事罰が適用されるようになって1年

改正著作権法が2012年10月1日に施行されてインターネット上から海賊版の音楽や映画を違法としりながらダウンロードしたら刑事罰が適用されるようになりました。
明日でその法律の改正から1年が経とうとしています。

そこで興味深いニュースを見つけました。
違法ダウンロードを取り締まっても音楽の売り上げの回復には役立たなかったというニュースです。

コンピュータソフトウェア著作権協会によりますと、違法なファイルのやり取りに使われるファイル交換ソフト「Winny」と「Share」を利用しているパソコンの台数がことしは去年より40%近く減るなど、法改正による一定の効果が見られます。
一方で、違法ダウンロードによって大きな損害が出ているCDやDVDなどの音楽ソフトの売り上げは、制度が変わった去年10月からことし6月まででは前の年の同じ時期より5%増えましたが、ことし1月から先月・8月までの最新のデータでは前の年より7%減少しています。
via: 刑事罰適用1年 売り上げ回復せず NHKニュース

私個人の見解ですが、それは当たり前です。
元々、インターネット上にコピーされたデータをダウンロードして無料で音楽を手に入れていた輩は、音楽に対して対価を払おうという意思が無いんですから。
彼らにとっては音楽は無料です。続きを読む

Motorhead logo
Motorhead logo Photo by egvvnd

学校にモーターヘッドのTシャツを学校に着ていったら…

アメリカでの話です。
モーターヘッド / MotorheadののTシャツを着て学校にいった少年が、職員室に呼び出されてしまい、注意そして帰宅させられたそうです。
こちらがBARKSの記事。

今日、Motorhead Englandのパーカーを着て学校へ行ったら、前に(Snaggletoothの)ロゴがあったせいで職員室に呼び出されました。そして、ギャングを連想させるから、学校では着用してはいけないと言われました。
via: Motorhead : モーターヘッド、「嬉しいぜ!馬鹿どもに負けるなよ!」 / BARKSニュース

さすがロックの国、アメリカ。
日本でこんな事を聴いたことありません。
「ギャングを連想させる」なんてあたり、アメリカらしさ満載です。
日本だったら「仁侠」なんて書いたTシャツを着て歩いているようなイメージかな?

そして、少年はモーターヘッドのスタッフにメールでそれを報告。
それに対するモーターヘッドの対応が凄い。続きを読む

新譜を記念して収録曲のギタータブ譜をフリーダウンロード

クリス・マイク / Chris Mikeが彼の新譜“Not Just Lipstick On A Pig”の発売のを記念して、収録曲“Just Tune Your Guitar”のギタータブ譜をGUITAR NOIZEで無料公開しています。
また、それに合わせてギタープレイのムービーも公開。
ファンならずとも練習に良い教材になりそうです。

ギタータブ譜のダウンロードはこちら

そして、こちらがその“Just Tune Your Guitar”のデモンストレーションムービー。続きを読む

有名アーティストがカバー

The Beatles.
The Beatles. Photo by Gonzalo Barrientos

ビートルズ / Beatlesの“ホワイトアルバム”こと“The Beatles”の収録曲を様々な有名アーティストがカバー。
そしてその音源データが無料ダウンロードできます。

なんという太っ腹企画。

収録曲とアーティストは以下の通りになっています。
知らないアーティストも多いのですが、中には「おっ!」と思うアーティストもちらほら。

続きを読む

iTunesRadio

iTunes Radio、日本では使えないの?

iTunes Radioが9月からサービス開始とニュースを見つけました。
おお、ついにAppleのストリーミングサービスが使えるようになるのか!
これで音楽ライフも少し新しいステージに進むかも!と記事を読んでみます。

大手企業と巨額の広告契約を結んだ模様。さすがApple。
サービスの内容はストリーミングサービス上で広告を展開するという想像通りのもの。
音楽のストリーミングサービスは日本での展開が遅くなかなか普及していない。
そんな中、Appleが活路を見出して広めて欲しいものだ、とワクワクする。

しかし。記事中に気になる単語が出てきた。
それは“iTunes Match”。

え?
まだiTunes Matchって日本で使えないサービスだけど…。続きを読む

Pedal Board 2013.07.04
Pedal Board 2013.07.04 Photo by Mekkjp

エフェクターボードの記事がたまった

エフェクターボード関係の記事がたまってきた。
ブログだといちいちその記事を探さなくちゃいけないので、NAVERまとめを使ってエフェクターボード記事をまとめてみた。

2006年からなので、まあまあの数がある。
そして、その遍歴を見るとなかなか面白い。
今思えば、なんでこんなのを?というのもちらほら。続きを読む

オフィシャルコミックブック

ストーン・サワー / Stone Sourが2作続けてリリースしたコンセプトアルバム、House of Gold & Bones。
このアルバムの内容を漫画化したオフィシャルコミックブックというのがあります。
アルバムの題材になっているなんとも苦しい境遇の男性のストーリーを漫画化したもの。
ロードランナーの記事でインタビューが紹介されていました。

コリィのインタビューを一部引用させていただきます。

「俺の頭の中にあって、他の誰にも見えないクレイジーな世界をよりリアルに、そして深みのあるものにしたかった。リチャード・クラーク(コミック・シリーズのイラストレーター)はその二つのバランスを見事に表現してくれたよ。最初の段階から、彼の作品に惹き付けられていたんだ。現実世界の人たちに、ポートレイトと絵を融合させたやり方で想像力を掻き立ててくれるような彼のやり方が大好きなんだ。このコミックに欲しいのはまさにそこなんだよな。このクレイジーな世界をより現実感のあるものにしたかったんだ。この責務を果たすのに、リチャードはまさに完璧な人間なんだ」

コリィ・テイラー コミック版「HOUSE OF GOLD & BONES」を語る | Roadrunner Records
ロードランナーのコミック紹介記事


うーん。これは興味深い。

電子書籍がある!

ファンとしては読んでみたいのですが、日本ではまだ正規輸入はされていない様子。(2013.8.10現在)
仕方がないので海外から直接買おうかと思って探してみたら…
なんと電子書籍版があるじゃないですか。続きを読む

iPad
iPad Photo by Tsubaki Kaworu

待望の音楽雑誌電子化

嬉しい記事を見つけました。
「サウンド&レコーディング・マガジン」10月号からiPad版をNewsstandで配信 -INTERNET Watch
インターネットウォッチ記事



音楽雑誌の電子化です。
素晴らしい。
サウンド&レコーディングマガジンといえば楽器系の中でも老舗の雑誌じゃないですか。

続きを読む

謎のコラボレーション

お気に入りのブログ「guitars.grrr」で面白い動画を紹介してた。
前から似てるな、と思っていたけど、こんなにしっかりミックスした音源と映像が合ったとは…。

胸いっぱいの愛をとヘルター・スケルターをくっつけたらこうなった | guitars.grrr
面白いネタをどこからか集めてくるkinさんのブログ

まあ、とにかく下の動画を見て。

見るなら今のうち

音も映像も、編集が上手過ぎ。
それにしても、余りにも巨大な2アーチストをここまで遊んでいる動画。そのうち消えそうな気がする。

「guitars.grrr」さんで、データのダウンロード先などリンクが載っている。気になる方は早めに見てみるのをお勧めする。