Note On A Dream / Jordan Rudess CDジャケット

Note On A Dream / Jordan Rudess CDジャケット

Dream Theaterのキーボーディストジョーダン・ルーデスのソロアルバム、Note On A Dream / Jordan Rudess (iTunes)を聞きました。

twitterで「これをぜひ聞いて欲しい」と@Silveranceさんにお薦めされ、早速ジョーダン・ルーデスのオフィシャルサイトでダウンロード購入。(後でiTunesでも売っている事を知りましたw)

Dream Theaterの楽曲をルーデスがピアノソロで弾くという面白いコンセプトアルバム。
楽曲は聞き慣れた曲ばかりなんですが、なにせ全てがピアノソロ。
予想以上に情緒豊かな感じに仕上がっています。
もちろん弾きまくる所は弾きまくってますよw

収録曲は以下の通りです。

1. Through Her Eyes
2. Lifting Shadows Off a Dream
3. Perpetuum Mobile
4. The Silent Man
5 Another Day
6. Hollow Years
7. The Grand Escapement
8 The Spirit Carries On
9. Speak To Me
10. The Answer Lies Within
11. Collision Point
12. Vacant

ね、定番ながらもなかなか良い選曲じゃないですか?
これが全部ピアノソロ…となると聞きたくなるってもんです。

@Silveranceさん、良いアルバムを教えてくれてありがとうございます♪

ブログ村のランキングに参加しています。
もし気に入っていただけたらクリックしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

今日は珍しくベースネタ。
YouTubeで見つけたJohn Myung(Dream Theaterのベーシスト)の教則ビデオのワンシーン。

John Myung bass music – solar groove solo dream theater

Dream Theaterの曲のようにバリバリ弾くのかと思いきや、アルペジオで雰囲気良くソロを弾いている。
大人しそうな感じの人だけど、基本そっちのイメージなんだね。

続きを読む

Secret
Secret Photo by Dita Actor

DREAMS COME TRUEのベーシスト、中村さんのブログ「ドリブログ」が結構面白い。
典型的なオヤジ口調で面白おかしく書いているんだけど、基本的には殆どがファンとの内輪受けでドリカムネタ。
ただ、あのオッサンは相当の音楽好きなようで、時折出てくるマニアックなミュージシャンの話には目から鱗が落ちる。

今度のレコーディングにはアル・ディ・メオラが参加する、とか。
デビッド・T・ウォーカーが今度日本に行くよ、とメールをくれたとか。

アル・ディ・メオラなんて舌を噛みそうな変な名前だけど、この方は凄い巨匠でござんすよ。
ブログを読んだ時に私は「アル・ディ・メオラ~~~!?!?」と叫んでしまった位。

おまけにデビッド・T・ウォーカーも(最初は知らなかったけど)超が付くほどの有名なギタリスト。
もう相当なお爺ちゃんだけど、いまだに現役で日本ツアーだそうです。
ブルージー且つメロディアスなプレイが本当に味のあるギタリストです。

そんな話がちょろちょろ出てくるブログなんて、そうそう無いよね。

ミーハーなJポップと思いきや、ドリカムも大御所なんだねぇ、、、と思う一瞬でした。

そんな大御所でも、「0414の大発表まで、後3日。」という記事では「大人の事情」なんて話題がちらっと出たりしていて、ビジネスの厳しさをちょっとだけ匂わせちゃってる。
詳しくは知らないし、あまり知りなくない音楽業界だけど、これくらいのビッグネームでも好き放題できる訳じゃ無いって事なんだよね。
ビジネスだから。

すごく幸せな仕事で、それと同じくらいすごく大変な仕事。
そういう業界なんだろうね。
それでも続けるプロの皆さん。
これからも頑張ってくださいませ♪