Ibanez Universe 777
Ibanez Universe 777 Photo by MichelleWhy – Stefanie Loges

マニアックな心をくすぐる

音楽、バンド、が大好きで生きてますが(笑)もうひとつ大好きなのは楽器。
なんと言っても、あのメカニカルなところがマニアックな心をくすぐる。
って事で、超が付くほどオタクなサイトを紹介。

Jemsite – HomePage
IbanezのJEMを中心に写真や情報を集めていたサイト

なんと、Steve Vaiモデルのギター”JEM”の専門サイト。
英語だけど、写真とか見るだけでもすっげーよ。

2013.8追記
現在は更新されず、画像もほとんど見られなくなってしまいました。残念。

Guitar Gallery
VAIモデルがこんなにあるなんて知ってた?

Steve Vai’s Performance Customs
一番したの炎のギターが懐かしい!


Steve Vai’s JEMs:Ibanez Triple Neck Guitars

こいつも懐かしい~♪
絶対に弾けない(笑)

見るだけじゃなくて、Setup for Great Actionなんて、メンテナンスページもあるんで、重宝するだよね。

まあ。
昨日の続きじゃ無いけど、楽器は大切にって事です★

ギターはピカピカにした(昨日の書き込み参照)ので、演奏の練習に勤しみます♪

LOVE
LOVE Photo by O<3

この前エフェクターの話をここで書いたんだけど、昨日のリハでそのエフェクターがグズッた。

いつも通りに接続して「さて鳴らすか~」と思ったんだけど、うんともすんとも言わない!?
「ん?なんだ?」
と思い、エフェクターボードを良く見てみると、一つも電源が入っていない。
コードが抜けてるのかな?と思って、電源のところを持ってみると

熱い!

持てないぐらい熱いんだよ。
こりゃびっくり。
どっかショートして安全回路が働いて、電源が切れてたんだね。
怪しいコードが一本だけあったから、それを抜いたら無事に復旧。

いやー、一時的に止まっただけで何も壊れなくて良かった。
下手にショートして他の機器まで飛んじゃったら目も当てられないからね。

ブログでエフェクターをイマイチ気に入っていないような事を書いたから、拗ねたのか??(汗)

よくよく考えてみたら、最近機材の手入れを全然していなかったな。
まあ、ショートしても当たり前といえば当たり前。
ライブの当日じゃ無かったから、ラッキーだったと言えるかもね。

その後のリハーサルは滞りなく進み、非常に快調だった。
ソロもところどころ良いフレーズ出せたし。ちょっと(演奏の)引き出しが増えた感じ。

そうそう!
来週、7月4日は昭島のMoke’sの「Independenceday LIVE」
決して広いところじゃないけれど、なかなか味のあるカフェ&ガレージなので、楽しみ。
今のバンドメンバーでやるのは初のステージなので、今からわくわく♪

おっと。
当日ご機嫌斜めにならないように、ギター&エフェクター(機械)にも愛情をそそがないとね。★
そんな訳で、今日は弦を張り替えて、エフェクターボックスの掃除をしました。(苦笑)

世の中には凄い奴らがたくさんいる

steve vai
steve vai Photo by speranzacasillo

最近、YouTubeがお気に入りで良く見ている。
mixiのコミュニティで紹介されていて知ったんだけど、世の中には凄い奴らがたくさんいる…

Candy Playing Steve Vai – The Crying Machine


この子14歳!?
私はこんなに弾けません…(汗)
(このムービーは人気があるらしくてなかなかダウンロードされないから、画面を開いて一時停止して他のを見ていましょう。そのうちダウンロード完了するから)

Darrell Plays Steve Vai – Building the Church
こちらは18歳。チョーキングやアーミングの音程が微妙で下手に聞こえるところもあるが、それを差し引いても余るくらいの弾きっぷり。
私はこの曲のイントロの1小節すら弾けません(爆)

Steve Vai-Liberty(Amateur Cover)
演奏もさることながら、時折VAIが降りて来ているような表情は…。

Juice by Steve vai (Gustavo Guerra)
うむ、そのギターの位置が高いのはベンチャーズ並みだ。
でも、すごい完コピ。
楽しそうに弾いているので好感度◎(笑)

ふう。
凄いのが目白押し。
まあ、テクニカルなのが良いって訳じゃないけど、改めてコピーする事って大切かもしれないな、と思ったよ。
色々なアイデアがたくさんあって、それが「弾ける」って事は自分の引き出しが増えるってことだもんね。
久しぶりにVAIのコピーに挑戦してみっかな~。

さて、最後に。
本物でお口直し↓↓

続きを読む

今、使っているエフェクターはコンパクトエフェクターだけで組んであって、ボードに並べている。

20060525_0001.jpg
ギターにつながっている方から順番に…
KORG GT12:チューナー
グヤトーン スティービーサラスワウロッカー:タッチワウ
TECH21 Double Drive:ディストーション
アリオン ステレオコーラス
モーリー リトルアリゲーター:ヴォリュームペダル
CAJ(カスタム・オーディオ・ジャパン)のDCサプライで電源供給

どうもこれがよろしくない…。

何が良くないってロックなギターで一番大事な歪みが良くない。
歪ませすぎると音がつぶれるし、といって歪ませないと線が細い。
おまけにノイズが凄くて、これまた結構困る。
Double Driveがイマイチなんだよなぁ。
以前使っていた機材が使えなくなったので中古で探してきたのだけど、コンパクトエフェクターじゃ気持ち良い歪みって無理なのかな~。

もう一つ困るのがコーラス。
クリアトーンの要なんだけど、どうも音が詰まってしまって音量が下がる音域がある。
かかり具合は結構深くて使えるときは使えるんだけど、やはりそこは激安エフェクター(3,800円)。音が小さくなるなんて根本から使えなくなるような不具合を抱えてる(苦笑)
そのくせ、普通にONにすると、音量は上がってる。
ONで音量が上がり、弾いていると波打って音量が下がる。
うう~む。

まあ、高ければ良いってもんじゃないけど、安物買いも問題があるね。
そんなこんなでライブの時に機材が不安で凄く緊張するようになって、精神衛生上も良くない。

バンドのもう一人のギターのテルはZOOMのマルチエフェクター使っているんだけど、そっちの方が安定してるよな~。
今のエフェクターを全部売り払って私もマルチにしちゃおうかな。
安いのなら買えるくらいになるかしら??(^-^;

続きを読む

一発目はギタリストなのでギターから

Dear Mr. @stevevai bless me with the right licks and feel! #stevevai #jem7v #ibanez #iphoneographyph
Dear Mr. @stevevai bless me with the right licks and feel! #stevevai #jem7v #ibanez #iphoneographyph Photo by Jay Perillo

「音楽なブログ」と銘打った割には、一切音楽のネタが無い...
ここは気を取り直して、、、じゃなくて、サイトの充実を図って楽器ネタを書いてみる事に。

一発目はギタリストなのでギターから。

色々とギターを持っていたのだけど、なんだかんだと整理して今のところエレキギターとアコースティックギターを各一本。

JEM7V_WH_00_05.jpg
Ibanezのスティーブ・ヴァイモデル JEM7V。
スティーブ・ヴァイと言ったら、変態ギタリストの代名詞(笑)一般受けしないマニアックな音楽を弾かせたら”ぴか一”!?なギタリスト。
(なんか聞こえが悪いな…)

変態、マニアック、と散々な書き方だけど、演奏は上手くて実は色々と弾きこなせる。
時にはスパニッシュギターも弾いたりするそうだよ。
曲作りからアレンジ、プロデュースまで全てを一人でやるマルチタレントだったりもする。

そんなギタリストのギターは、変態ギターではなく至って万能型。
ホワイトスネークに在籍した時のようにヘビーなサウンドから、クリーントーンまで。
ちょっとクランチ気味の音(軽く歪んだ音)も出せるハーフトーンもOK。
Ibanezの得意とする多機能タイプのギターなんだね。

続きを読む