エリクサーの弦を使い始めて2ヶ月程経った。
確かに錆びないし、汚れも付きにくい。
コーティングしてある巻き弦だけかと思ったら、プレーン弦も特殊な加工をしてあるらしく錆びにくい。

これは面白い!

高いだけあるわ(笑)

案外、普通に使えるんです。

弦を変えると音色が変わるので、使うのを躊躇している皆さん。
確かに弾き心地は変わるし、厳密に言えば音色も変わっていると思うけど。

弦を押さえるエル
(↑なぜか弦交換していると弦を押さえる家の猫)

 

続きを読む

バンドのベーシスト”ヤマ”が良いと言っていたBossaというメーカー。
名前は聞いたことがあったけれど、どんなベースかは全く知らなかった。

調べてみたら、どうも関西の工房のようだ。
アメリカにも拠点があるらしくて、プロも使っている。
ベースだけじゃなくてギターも作っていたんだね。

ボディの形が普通のジャズベが猛烈にグラマーになったようなセクシーな感じ。

サーキット周り(PUの配線やスイッチなどのコントロール)も個性的でPUが一見2ハムに見えるけれど、シングル×4らしい。
それをボディに5つあるスイッチを駆使して自在に切り替えて使うようだ。
アクティブなのでEQもかなり効きそうな雰囲気。

しかし、なんでベースはこんなにコントロールが複雑なんだ?
スイッチの使い方の解説を読んだけど、理解するのが面倒くさくなって途中で読むの止めた(苦笑)

木の感じや個性的な内容を見ると、作りはしっかりしていそうな雰囲気を醸し出している。
サイトに作例がいくつか載っていたけど、どれも木目とフィニッシュが綺麗だったな。

音の幅は広そうだけど、実際の音はどんなもんだか興味津々。

いわゆる”コンポーネント系”と言われるような手作りメーカーだからね。
良い個性があるんだろうなぁ。

もしヤマが買ったりすると面白い。

ハードロックバンドのギターがTylerでベースがBossaなんて組み合わせ、今まで見たこと無いし(^〜^)
こりゃ楽器だけ目立つわ(笑)

なぜFender、Gibsonじゃない!?

ヤマ、買わねーかなー(`∀´)

私信>
買いに行くときはお誘いくださいませ
(σ・∀・)σ

original score
original score Photo by Stéphane Moussie

ギタリストのみなさん。

バンドやってるみなさん。

時間があったら、是非ギター以外のパートを真剣に取り組んでみてください。

例えば、新曲のデモを作るときに打ち込みじゃ無くてリアルなベースを弾いてみる、と。
偉い難しいです。
音を出すだけならギターと仕組みは変わらないので、さして問題じゃ無いんだけど。
頭の中で鳴っているベースのカッコいいフレーズも、ベースを持った瞬間に弾けなくなります。
技術が無いから?
まあ、音を出すだけじゃ楽器は楽器にならないって事なんだね~。
いや~びっくり。
曲を作る時にここでカッコいいベースを!!
という時は、バンドのベーシストに口頭でお願いします(笑)

Vo(コーラスも可)をきっちり歌ってみる、と。
死ぬほど難しいです。
ギターもベースも鍵盤も、Cを押さえればCの音がする。
Aを弾けばAの音がする。
Dを弾けばDの音がする。
なのに…。
歌は思った音が簡単には出せない。
思ったメロディが違ったメロディになる。
右に曲がりたいのに左に曲がっちゃうくらい、意思とは違う方向に勝手に身体が動いていく。
こりゃ大変。
楽器と違って「弾く」以外の鍛錬がたくさん必要なようです。

ギター弾きじゃない人にギターを弾かせたら、どんな風に感じるんだろうね~。

他のパートが大変な事を再認識してもしょうがないのだけど。
体験してみると、曲作りとかアレンジに何か役立つような気がする。
気がするだけなのが悲しいけど(笑)

あ、ちなみに。
ドラムは全く叩けないので、試してみることもできません(爆)

Pick box
Pick box Photo by recursion_see_recursion

ずっと前にも一度書いたんだけど、ピックの話。

愛用しているのはJim DUNLOPというメーカーのDELRIN .96 Standardというモデル。
デルリンっていうのが聴きなれないと思うけど、ポリアセタール樹脂 という合成樹脂らしい。
まあ、ちょっと普通のプラスチックより粘りのある固さの樹脂ってところかな。
(詳しくはこちらへ→ウィキィペディア デルリン)

これが、音も弾き心地も共に「固すぎず柔らかすぎず」って感じでとても良いのです。
エレキギターのピックって、弾くときに必ずといっていいほど使う道具の一つ。
持ちにくかったり、弾いた感触が悪かったりすると結構気になってしまって、演奏が気持ちよくできない。
そんなの判るのかよ!?って言われちゃうかもしれないけど、ピックがギターの弦に当たる瞬間の感触がすごく気になる。

弾いたときにガリッときたら嫌だし、だからといってツルッときても嫌。
程よく擦れて音がピンッと出る。
余計な弦との擦れ音が出ない。
といって引っ掛かりが皆無だと弾いた感触がしなくて弾きにくいから、適当に引っかかって欲しい。
とまあ、非常に言葉で表すと微妙すぎて伝えにくい感覚なんだけど、実際には感覚が鋭い指先で持っているものだから、ほんの少しの違いが凄く感じられてしまって気になっちゃう。

そんな繊細な道具だからこそ、お気に入りがあると心強い。
もう何百って種類のピックを試してきた(と思う)けど、これは高校のときに気に入って使い出しているから、すでに20年以上使っている計算。
こうなると、もうこのピックじゃないとダメ、という領域。
もちろん他のピックでも弾けるけど、お守りに近い感覚だね。

みなさんにお勧めです。
適度に安いしね。

きっと期待して弾くとがっかりするよ。
すごく普通だから。
でも。
この普通さが最高なんだよね。

さて。
そろそろ在庫も少なくなってきたし、まとめ買いしなきゃだな。

Joan as police woman
Joan as police woman Photo by Chema Helmet

これから明日のライブに備えて機材の準備をする。

何回ライブをやっても元々が心配性なもんで、いつも要らないものまで持って行きがち。
そのくせ肝心なものを忘れたりするから始末におえない。

最近はさすがに慣れてきて持っていくものが固定化されてきたから大きな忘れ物は無くなってきたんだけど、無駄なものを持っていくのは変わらないんだよね。

まず弦のセットは2セット。
ライブ中に切れたら交換なんかしてらんないのに、なぜか2セット。
リハで切れたらどうしよう。
ケースの中で切れていたらどうしよう。

…んな事、滅多に無いのにね。

簡単な工具も一通り。
とはいってもレンチとドライバーが一緒になった十得ナイフみたいな簡易的なツールと、マジック、ビニールテープ。
良く使うサイズのレンチはさっきの十得ナイフ風のは使いにくいので、普通にバラけたのを持っていく。

あとワイヤレス用の換えの電池。
ライブの前に必ず新品に交換。
…40~50分のライブだから絶対に電池切れにはならないのにね。

シールドは2本で足りるけど、一応3本持っていく。
断線しても良いように。

コンセントの延長用タップコードは1本。
これは良く使うので必須。
さすがに2本は持っていかない。
ライブハウスに大体1~2本は必ずあるから(苦笑)

いつも使う指板用の潤滑スプレーは1本。
でも今は金欠で、いつものじゃなくて安いのを使っているからちょっとご不満(笑)

ピックは数十枚入ったピックケースごと持っていく。
なくしても良いように、財布とキーホルダーにもピックを数枚入れておく。
これとギターはいつものじゃないと嫌だから。
いや、別のピックやギターでも普通に弾けるけど、いつも使っている奴じゃ無いと気分的に嫌なんだよね。

とまあ、
書いてみると色々あるなぁ。

みんなこんなもん?